読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラノベヒロインの髪型と色ってどうよ?

こんな事を疑問に思ってしまったがために、ちょっといろいろデータを集めてみたいと思ってます。
この企画をスタートさせたのは2/14ですってよ、いかにも私みたいなボッチがやりそうですよね!

ことの発端ですが、お気に入りのキャラについて考えてみたら結構似てると感じました。
それじゃあヒロインも結構似た傾向がみられるんじゃないかって話したら思いのほか盛り上がったので、
家のラノベをひっくり返して見た次第です。
最終的には、年代別とかレーベル別なんかの集計までできたら面白いなと思ってます。

とりあえずルールとして、


・ 1作品から1人
・ なにはともあれイラスト準拠
・ 髪型はロング・ショート・ポニーの三種
・ 色も黒・の6種


これでいきたいと思います。

嫁がたくさんいるようなところは、とりあえずメインヒロインを挙げてください。
各人、嫁がいるとは思いますが、そこはこらえてください。

ラノベといえばやはり表紙などのイラストがまず目につきますし、
作品内ではどうであれ、私たちはカラーイラストのイメージで記憶するのでイラスト準拠で行きたいと思います。

色については、あまり広げすぎるのもどうかと思ったのでまずはこの6種でいきます。
紫や白といったようなここにはない、あいだになっているような色は
作品内の他キャラとの兼ね合いやイメージからなんとか分けてください。

髪型・色につきましてはあまりにも数が増えてきたらカテゴリーを増やす予定です。

ルールについてもこんな感じにした方がいいよっていうものがあれば、提案してください!


現在著者が多忙なため、考察などはまだできておりません。
データベース兼例みたいなものを追記に格納してありますので、
「面白そうじゃん」と思っていただいた方はご覧ください。

また、データの収集も随時行っていきたいと思っています。
「いっちょ協力してやるか」と思っていただけたのであれば、
ここのコメント、もしくはtwitterにリプを飛ばしてやってください。


それでは、いったんこんな感じで。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ハーモニー


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
(2010/12/08)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

ハヤカワ文庫のハーモニーです。プレリ記事なんてなかった!

伊藤計劃さんの遺作です。話したいことは虐殺器官に似ていると感じましたが、舞台の作り方や情報の与え方がうまく、想像を掻き立てられます。亡き著者いわく百合を書いたということですけど、それを言われない限りは特別意識するようなものでもなかったような・・・?

あとは、虐殺器官を好む読者とこのハーモニーを好む読者というのは若干層が違うかもと感じました。ハーモニーは、読後に少し余韻に浸りたい感じでした。この話をもしかしたら病床で書いていたのでは・・・と思うと、優しい世界観でこのような話を作り出したというのはとても考えさせられました。

PageTop

サクラダリセット CAT, GHOST, and EVOLUTION SUNDAY


サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
(2009/05/30)
河野 裕

商品詳細を見る


角川スニーカー文庫の「サクラダリセット」です。

誰もが特別な能力を持っている街、咲良田で繰り広げられる記憶をなくさない少年と、世界を少しだけ巻き戻せる少女が事件の解決を依頼されて、巻き込まれる物語。

登場人物がとにかく淡白な性格をしていて、読みやすく、かつ少し予想外な行動をとってくれるという、読んでいて心地よいお話しです。
また、登場人物だけでなく文章自体も非常にシンプルで、作中に何度か出てきたような、透明な話というのを目指して書かれたのではないかと感じました。
それによって、多少ややこしくなりがちなループものを非常にあっさりと読める、単なる日常系のノベルに仕上がっていたと思います。
設定上、様々な能力者が巻き込まれた事件を用意することができるので、続編も楽しみです。

久しぶりに本来の目的でブログを更新できました。携帯からでも、これだけ文字がかければ十分かなと思う今日この頃です。
次は恐らく、プレリリースの感想になると思います。
それではまた。

PageTop

フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)

フルメタル・パニック!12  ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)
(2010/08/20)
賀東 招二

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「フルメタル・パニック!」です。
昨日発売していたのに、何という情弱っぷり……

敵の本拠地・メリダ島にたどりついた宗介は、レナードの計画を阻止し、かなめを救うことができるのか?

今回はあらすじはほとんどなしで、行こうと思います。
何を書いても野暮な気がするから、更新さえもしないでおこうかとまで考えましたけど、一応更新。
遂に終わってしまいましたね、終わるのは楽しみでしたけどいざ終わってしまうとちょっとさびしいですね。
今回は上巻で積み上げたものを一気にたたんでいく感じでした。スピード感があり、非常に楽しめる内容だったと思います。だいぶ信者補正が入っているので、冷静に読むとそこまでではないかもしれませんけど、私はこういう終わり方もよかったんじゃないかと思います。
シリーズ通して非常に楽しめた作品でした、12年間お疲れ様でした。
本当に読み終わった直後に書いているので、全くまとまっていませんね。

今回はこんなところで。

PageTop

ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス

ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈4〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
(2010/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

電撃文庫の「ソードアート・オンライン」です。
コミケに行ってた皆さま、おつかれさまでした。私は懐が寒いのでいけませんでした。

アスナが囚われているゲーム、<アルヴヘイム・オンライン>を始めたキリトはとらえられている<世界樹>を目指す。
その道中でシルフの少女リーファと出会ったのだが、彼女は実は……
突っ込みどころ満載のSOA、フェアリィ・ダンス編の最終巻です。

全くもってこれなんてエロゲ?ってレベルの話でした。
この人の主人公は本当に女性キャラに対するフラグの立て方がうまいというか、簡単になびき過ぎというか……
そこ以外に楽しむところは今回は正直言うとほとんどないですね、私としてはアインクラッドで終わるのもありだった気がします。続きはたぶん買うと思いますけどね。

今回はこんなところで。
少しずつ消化していかないと…… たまっていく一方だ……

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。