読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポケモンBW身内杯Last

身内でやってたポケモン大会のお話、正直なところ1年以上離れていたからよっぽどでもない限りは続けてる人たちには勝てないと思っていたりしたけど最後ということで参加。

使ってたのはこんな感じ。

水ロトム@光の粘土
めざめるパワー(炎)・ボルトチェンジ・リフレクター・光の壁
調整とかは全く覚えていない初期作、ステータス見る限りは準最速。
もともとはめざパ・十万・ドロポン・身代わりで運用されてたものだから仕方ないね。

ハッサム@残飯
守る・剣の舞・虫食い・バレットパンチ
誰が呼んだか机上論。
本当はとんぼ・馬鹿力・バレ・剣舞とかを用意したかったけど間に合わなかったので見せポケで。

パルシェン@王者の印
殻を破る・氷柱針・ロックブラスト・ハイドロポンプ
テンプレパルシェン、壁の下ならタスキじゃなくても破れるでしょうってことで試行回数稼げそうな持ち物。
霰に強いし、単体でも運用次第で全抜き可能な使い勝手は素晴らしい。
ガッサ・同系用に最速。

カイリュー@ノーマルジュエル
神速・龍の舞・逆鱗・地震
いろいろなところを最終的に先制で処理するための兵器、時々全抜きも狙えるんじゃね?
最後の地震はいろんな所から選択だけど、鋼に薄いので地震を選択。

ローブシン@火炎玉
ビルドアップ・マッハパンチ・ドレインパンチ・ストーンエッジ
壁の下ならラティもドレマッパで持っていける(らしい
今回は砂に強いから採用。

ポリゴン2@進化の奇跡
めざめるパワー(格闘)・10万ボルト・冷凍ビーム・トリックルーム
今回のPT作りたくなった元凶、いろいろと魅力的すぎた。
ツモるのが一番面倒だったのはこいつで、準最遅。


ぶっちゃけると下の4体はこのために新しく作ったので、PTとしてもぶっつけ本番だったのもあっていろいろハプニング満載だった本戦レポはここから!(順番あやふやなのは許して)


Round1
水ロトム・バタフリ・ドレディア(カイリュー・ズルズキン・エーフィ)
自分:カイリュー・パルシェン・?

確か、水ロトムが壁を張ってる前で龍の舞を2回積んだカイリューがきれいに3つ持っていった。
水ロトムかどうかすらも怪しい、エーフィだったかもしれない。それぐらいアレなスタートですた。


Round2
キノガッサ・ボルトロス・トゲキッス(ブルンゲル・ブラッキー・マンムー)
自分:パルシェン・ポリゴン2・ローブシン

ガッサが怖すぎたから初手パルシェンの運ゲーに持ち込むことに、ボルトが来たらポリで処理する予定だった、キッスは知らん。
予定通り初手ガッサ、最速同士で勝った方が勝つと思って氷柱針選択も相手はボルトに交換、撃破。ゲル交換は最悪のシナリオだったけど、運よく入ってなかった模様。
死に出しキッス、電磁波型の場合は引くと手をつけられなくなるから針選択も波動弾で乙→ポリゴン
波動弾続けてきたからスカーフと判断&冷Bで高い乱2&波動弾確3ぽいダメージからトリル仕掛けて勝ち。


Round3
メタグロス・カイリュー・ヒヒダルマ(ダゲキ/メタグロス/火ロトム/ブルンゲル)
自分:カイリュー・パルシェン・ポリゴン2

初手で相手の風船を見ないプレイングでスタート、コメパンはずしてくれたのにそのアドを生かせない。
結局カイリューをダルマに落とされて、三匹目を犠牲にパルシェンの殻を割ったもののグロスにドロポン耐えられて落とされる。最後はポリゴンを落とされて万事休す。
実は耐久を信じてトリルを通せばワンチャンあったのは内緒だ。
パルシェンってC高くないから、ある程度ふられるとC120ぐらいとジュエルがないと確1レベルまで持っていけないのよね。
×

Round4
コジョンド・ウルガモス・オノノクス(ブルンゲル/コジョンド/シビルドン/ウルガモス/ナットレイ)
自分:カイリュー・パルシェン・ポリゴン2

こちら後手で龍舞、ライフに動きなし。画面見ない勢ですサーセン
次に地震打ったら先取り、スカーフ龍技読みとはとがってる素晴らしい。
逆鱗でガモス・オノのタスキまでいくも舞われて逆に逆鱗でピンチ。
しかし、パルシェンが逆鱗耐えて勝ち。流石180族だ、無振りでも固いぜ!


Round5
ローブシン・バンギラス・ドリュウズ(ハッサム・ボーマンダ・水ロトム)
自分:ローブシン・ポリゴン2・ハッサム

ローブシンミラーということで素直にビルド積もうとするも、ドレ急所。
同速で次は相手が先手でこちらが落とされる最悪の展開。
ローブバンギまではポリ2とハッサムが頑張って落とすもドリュでGG
×

Round6
ズルズキン・ラティオス・フシギバナ(フワライド・ウルガモス・パルシェン)
自分:水ロトム・パルシェン・ローブシン

ラティライドはパルでけん制できてるはずだから、壁貼って破れば勝てるはずなので後ろはパルとローブ
ズキン相手でもローブならなんとかなると思って壁を選択するもラティに落とされる。
ラティ相手に後出しでパル出したけど、破る前に電磁波でしびれる。ここがミスで、ラティライドのラティなら破るんじゃなくて素直に針を選択するべきだった、結果一緒だけど。
結局置き土産からズキンにローブを投げつける形に、バナと交換時にビルド積めるもギガドレ急所で万事休す。
×

Round7
全く記憶にないけど、霰に負けた気がする。
半分寝てたからわからんですスミマセン。
×

Round8
カイリュー・ウルガモス・シンボラー(ユキノオー・ブルンゲル・テラキオン)
自分:水ロトム・パルシェン・カイリュー(?)

睡眠とってからの試合。初手で龍舞されるも壁に成功。2回目の舞にボルチェン当ててパル登場。
134族に2回舞われての逆鱗でも、壁があれば耐える。これはR4のオノで学習済み。
あとはパルで3つもっていって勝ち


こんな感じ、4-4ということでまあ及第点?
新環境ですけど、ついにイッシュの夢特性が解禁されるんでしょうか?
とりあえず、影踏みシャンデラが怖いことになりそうなのがいやなので、こいつだけは出さないでくださいなと願いつつも楽しみにしています。
実は家にWi-Fi環境がないので育ててもいまいち楽しめないので、育てたい奴をまったり育てていきますわ。

スポンサーサイト

PageTop

M12ドラフト

( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!

久しぶりの更新。
身内でやったM12の8ドラのレポです。

1パック目
1-1は多少黒と緑が濃くて弱いパックからレアの《神盾の天使/Aegis Angel》、めぼしいものは《肉体のねじ切り/Wring Flesh》と《ガラクの仲間/Garruk's Companion》ぐらい。

1-2に《Gravedigger》が流れてきたので、自分が流したものを完全に無視、これを上席からのシグナルと感じてピック。

以下《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を集める程度で1パック目終了。
全体的に弱かったらしく、2パック目開封時に半分ぐらいが( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!と声をあげる始末。

2パック目
2-1はレアが弱く、色もほとんど決め打った感じだったので、《火葬/Incinerate》を流してたぶん《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》。

2-2で《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》が流れてきて( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!

そのあとはまた《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》、《縞瑪瑙の魔道士/Onyx Mage》×2、一週してきた《マナリス/Manalith》を加えたぐらいで終了。デッキが怪しくなり始める。

3パック目
3-1もレアが弱かったorz いろんなクリーチャーを流して《平和な心/Pacifism》

3-2~5が《破滅の刃/Doom Blade》、《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》、《ソリンの渇き/Sorin's Thirst》、《ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》と流れてくる宇宙展開によって一気にデッキが出来上がる。

あとは《肉体のねじ切り/Wring Flesh》と一周した《夜の子/Child of Night》、《出征路のグール/Warpath Ghoul》を取って終了。

レシピは省略。上のピックで書いたカードぐらいしか入っていない、アグロよりなのに土地18&《マナリス》というよくわからない感じのデッキ。

1戦目 白赤

1-1 2マリさせてさすがに勝ち
1-2 1マリで事故ぎみのヌルキープしたら《先兵の精鋭/Elite Vanguard》→《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》で撲☆殺
1-3 《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》→《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》→《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と展開して除去されずに勝ち。

《火の玉/Fireball》とかが入った強いデッキだった。普通なら勝てない相手を事故とブンで何とかできたのは強かった。
○×○

2戦目 青白

2-1 相手の《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を《破滅の刃/Doom Blade》する流れから、《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》。《送還/Unsummon》で《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を戻されて《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》しゃくられるも、手札から2枚目出して押し切る。

2-2 5ターン目ぐらいに《天使の運命/Angelic Destiny》出されて負け。

2-3 1ゲーム目とほとんど同じ流れで押すも、《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に《天使の運命/Angelic Destiny》と《指導力のマントル/Mantle of Leadership》をつけられて6点クロックを刻まれて、残りライフ2まで押される。ここで《ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》をトップデッキして、サイドインした《歯止め/Stave Off》サーチ&プレイ! 相手の《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に打ってただの1/3に。
お互いたくさんクリーチャーが並んでいたものの、こちらの《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》が強すぎたため相手投了。《オーラ術師/Auramancer》と《精神の制御/Mind Control》を最後に引かせなかったのも勝因。

2-3はさすがにトップデッキが強すぎた。この一言に尽きる。
○×○

3戦目 赤緑

3-1 相手1マリさせたものの、こちらが土地を引きまくった上に《殺戮のワーム/Carnage Wurm》+《狩人の眼識/Hunter's Insight》で6枚ドローさせてしまいgg

3-2 うまく《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》ができて勝ち

3-3 3-2以上にブンして勝ち。

上席だったけど、色かぶりなかったから勝てたみたいなものかな?

×○○

結果は3-0。
デッキパーツ見る限りは強そうに見えない。MVPは《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》、勝った試合のほとんどで3回ぐらい4/4で殴ってくれた偉い子。影のMVPは《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》、2戦目勝てたのはこいつのおかげ。

下は席順と色と順位。

1. 緑黒 5位
2. 赤黒 8位
3. 青黒 7位
4. 赤白 6位(初戦)
5. 赤緑 4位
6. 青白 3位(2戦目)
7. 赤緑 2位(決勝戦)
8. 白黒 1位(自分)

黒い4連星のトップをとれたのが一番大きかったのかもしれないと、この席順を見ると思いますね。
やっぱり、ある程度のデッキが組めればその日の運で何とかなるってことで。

長くなったので、このぐらいで。

PageTop

ミラディン包囲戦プレリリース

久しぶりの更新はミラディン包囲戦プレリリースのレポってことになりました。(汗)
私はもちろんファイレクシア側でやってきました。

6パックで出たレアはこんな感じのさえないカードばかり、
コモンアンコには≪皮裂き≫はいるものの、≪死体の猟犬≫も≪死嚢抱え≫も≪煙霧吐き≫さえなしというひどいものでした。
これは0-2ドロップでドラフトに行こうかなと考えていました。

≪レオニンの裁き人≫
≪カルドーサのフェニックス≫
≪災難の塔≫
≪ファイレクシアの槽母≫
≪ファイレクシアのハイドラ≫
≪磁石地雷≫

それで、始めにできたのは入れられるレアを詰め込んだ緑黒感染でした。
最終的に改良されて大きく違うデッキになったんで、ここではデッキレシピは割愛します。

R1 RW・ミラン軍

G1
1tに≪信号の邪魔者≫、3tに≪肉体と精神の剣≫と出され、何もできずにライブラリーアウト。

G2
自分のライフ9、相手の毒が2つの時に、
相手の場に≪信号の邪魔者≫と≪ルーメングリッドのガーゴイル≫がいて、
万事休すと≪ファイレクシアのハイドラ≫をプレイしてターンを返すと、
相手は何もせずにターンを返してきたので、こまかい感染生物をならべながらハイドラで撲殺して勝ち。
相手の方は除去や強化系スペルを考えると動けなかったとおっしゃってた。

G3
2ゲーム目の勢いをそのままに、≪ファイレクシアの巨大戦車≫でオッスオッスして勝ち。

○×○


R2 RW・ミラン軍

G1 こちら1マリ
相手の動きがぬるくて、こちらの≪解剖妖魔≫が殴りながらちまちま回復し、
≪肉食いインプ≫が最後に決めて勝ち。

G2 こちら1マリ
序盤攻め立てられるも、≪ファイレクシアの槽母≫が間に合って毒殺。

○○


R3 GB・ファイレクシア軍

G1
チャンプ合戦になった後に、相手から出てきた≪ファイレクシアの巨大戦車≫がどうしようもなくて負け

G2
1ゲーム目とそう変わらない形で負け。

××

このあたりで2色デッキのカードパワーの低さに限界を感じたので、青を足してみて勝負に出る。


R4 GB・ファイレクシア軍

G1
序盤、土地事故でサンドバッグになりかけるが、≪ヴィダルケンの解剖学者≫が偉くてしのぎ切る。
そのままチャンプ合戦にもつれこみ、膠着したところで≪刃の翼≫を背負った≪ファイレクシアのハイドラ≫が降臨して勝ち。

G2 こちら2マリ・相手1マリ
2マリがきつすぎて、消耗戦に勝てずに負け。

G3 こちら1マリ
お互いの盤面がきれいになったところで≪ファイレクシアの巨大戦車≫が≪刃の翼≫を背負って勝ち

○×○


R5 RW・ミラン軍
IDしたかったけど、相手は見るからにガチる雰囲気だったので話を切り出さずにガチることに。

G1
相手の動きの鈍いうちに≪疫病マイア≫や≪悪性の傷≫でちまちま毒を稼いでいって、
除去が切れた頃に≪ファイレクシアの巨大戦車≫出したところで投了

G2
≪荒廃の鼠≫スタートで除去られるも≪肉食いインプ≫が2パンチ通して相手毒5個。
相手のフルパン後に≪屍肉の呼び声≫をプレイして、フルパンしたら≪白の太陽の頂点≫X=2でブロッカーを用意される。
≪肉食いインプ≫で虫トークンを食べてパンプした後に≪病気の拡散≫を撃ってgg

○○

ということで4-1で、6パックとTシャツゲット。
ファイレクシアとミランでは効くカードが違うので、毎回サイドインするカードが変わるってのも面白かったですね。
感染はやっぱりリミテッドだと強い。
生体武器は結構使える感じですね、軽いところが強いのは言わずもがなですけど、装備コスト4ぐらいまでなら普通に強いと思いました。
あとは軍で出るカードが別れるので、包囲戦のカードだとだいたいのデッキに同じアンコモンが入っているのが卑怯くさいです。特に≪ファイレクシアの巨大戦車≫ですけど。

ブレにぶれましたけど最後の方に使ってたデッキがこんな感じです。
≪闇の掌握≫
≪胆液の鼠≫
≪皮裂き≫
≪屍肉の呼び声≫
≪刃の翼≫
≪銀のマイア≫
≪堕落の三角護符≫
≪感染の三角護符≫
≪鋼の妨害≫
≪ヴィダルケンの解剖学者≫×2(1枚Foil)
≪肉食いインプ≫
≪病的な略取≫
≪ファイレクシアの憤怒鬼≫
≪病気の拡散≫
≪悪性の傷≫
≪荒廃後家蜘蛛≫
≪腐敗狼≫
≪ファイレクシアのハイドラ≫
≪ヴィリジアンの密使≫
≪皮剥ぎの鞘≫
≪疫病マイア≫
≪ファイレクシアの巨大戦車≫
≪島≫×3
≪沼≫×7
≪森≫×7

≪ファイレクシアの槽母≫が入っていないのはファイレクシア相手だと弱いから、
ミラン相手だと、≪ファイレクシアの憤怒鬼≫が変わる感じ。
≪鋼の妨害≫は≪ファイレクシアの巨大戦車≫や≪感染の三角護符≫なんかをカウンターできる偉いカード。

では、こんなところで。

PageTop

ひまわり

ぶらんくのーとの「ひまわり」です。
MHP2G再開しちゃったせいで、ほかのことに手がつかないお!

ゲームのあらすじ紹介って長いから面倒なので、こちらを見ていただけると幸い。

ごぉさんを知ったのはnarcissの死神の花嫁でです。緒方さんのイラスト以外は面白い話だったと思ってます。
それでこのひまわり、短いながらも非常に面白かったと思います。
普通に宇宙開発を目指す感じが面白い、しかしこれはロリとかいう売り文句必要じゃなかったんじゃないかと思いますね。
ヒロインはどう考えても部長、異論は認める。
設定に関してはちょっと文句言いたいことがあるので、追記の方に隠して書きます。ネタバレだらけなうえ間違ったこと書いてるかもなので、本当に読みたい人向け。
小説の方までは読んだんですけど、アフターとか今年出てたんですね。
小説は面白いけど、本当にやりたいことを詰め込みましたって感じで、賛否分かれそうな感じではありますね。

今回はこんなところで。
以下はネタバレありますんで。公式に飛んだらツイッターにアリエスbotなんて作ってあった、嬉しそうすぎるだろ。
PageTop

大番長 -Big Bang Age-

大番長 -Big Bang Age-大番長 -Big Bang Age-
(2003/12/19)
Windows

商品詳細を見る

アリスソフトの「大番長」です。
そういえば今日は日本対パラグアイですね。正直日本は0-3ドロップするもんだと思ってました。今でもあのスタメンには不満が残るけど、結果が出てるなら仕方ないですね。

世界設定なんかは全部公式で見てくださいね。
やり始めた理由は、ニコニコのMUGENで「Big Bang Beat」のキャラ(主に神速久那妓とH扇奈、あとまんぼう)が大暴れしてて、面白そう→BBB始める・原作が気になる→やってみっかって感じです。
一応、CG全部集めて、つけれるキャラ全員に5クリつけたんで満足です。無茶苦茶モードは結局やらずじまいですけど……

ここから感想。
陣取りゲームなので、慣れればどんどんうまくなるゲームでした。5クリの情報をかき集めて、今回は何人つけるってのを目標にしてプレイって感じでやっていくと、だいたい想定通りにイベントを起こしていけるのが非常によく、適度に難易度もあってよかったです。
弱いキャラでも頑張って育てると、一応戦えるところまで育つってのもスパロボ的でよろしですし、各キャラにちゃんとイベントが用意されているところもいいです。遊ぼうと思えばいくらでも遊べるところがいいですね。
ちなみに好きなキャラは慶、別に誰ってこだわるようなゲームでもないですけどね。

逆に、欠点はライトな人にはお勧めできないところでしょうか。パッチ当てても、面白いシーンは回想できないので、ここは本当にもったいないなぁってのもあります。クリアしたらお気に入りのところだけみたいですよね、やっぱり。

全体的に、本当にいろいろ遊べたので大満足です。PCの環境がもっと良くなったら、BBBの方を改めてやりたいですね。こっちだとジャージとか剣道弓道をうまく使えるようになりたいなぁ……

今回はこんなところで。
今やってるPSP版ナルキッソスが終わったら、次はたぶんデモンベインをやる予定です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。