読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソードアート・オンライン1 アインクラッド

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

電撃文庫の「ソードアート・オンライン」です。
なんでも鳴り物入りしたネット小説だそうで、そっちの方は疎いんですけど。

五感をバーチャル空間で使えるという次世代ゲーム機、ナーヴギアに待望のMMO「ソードアート・オンライン(SAO)」が発売された。
βテスターだった主人公はデータは消えたものの正式サービス開始から新たなキャラでスタートする。
しかしβテスト時とは違い、ログアウトができないとわかった時に告げられる。ここでの死は現実の死であり、ラスボスを倒さない限りプレイヤーは生きて帰ることはできない。
ここから、彼を含めた1万人の命のかかったゲーム攻略が始まった。

まず真っ先に思い浮かんだのは「クリス・クロス 混沌の魔王」に「.hack/」のエキスを少し混ぜたような感じってことでしょうか。
これらに固有の世界観を加えたものがまさにこれになるんじゃないでしょうか。非常にうまくまとめられていますし、MMOのシステムもよく書かれていると思います。
続きものとして番号振られてますけど、この1巻で一応完結しているというのも好印象です。
非常によく書かれたものだと思いました、人気があったのもうなずけます。

今回はこんなところで。

スポンサーサイト

PageTop

Narcissu3rd Die Dritte Welt

narcissu3rd
今回は同人ゲーム「Narcissu3rd」です。
多少遅くなってすみません、地方になると届くのが多少遅くなるのです。

とりあえず全体的な感想から言いますと、それなりに粒ぞろいで話をうまくまとめられている人達が作ったシェアワールド作品って感じでしょうか。
今までのナルキッソスという下地を使って自分の表現したいものを書けたんじゃないかと思います。しかし予想外のことをやってくださいましたねぇ……
BGMも豪華な面々を使い、そのシーンごとにあったものをうまく使っているのが非常にうれしい。やっぱりこれで1.5kは安いと思いますってここで宣伝してどうするんだって話ですけどね。
全体として文句をつけたい部分は緒方さんのイラスト、久しぶりに見ましたけど一部の頭が一回りでかくないですか?違和感があるんですけど……

では、ここからは個々の感想です。ちなみに私は声ありで上から順番にやっていきました。声は結構飛ばしちゃいましたけど……

死神の花嫁(ごぉ)
この人は原作ではなく、小説の方を読んで書いてた感じですね。事務の人が関わったことは原作ではなかったはずですし……
話の持っていきかたもいいですし、全体的にはまとまってるんですけど、落とし方がちょっと足りないかなと感じました。
まったりとした日常書くのなんか得意そうと思いましたね。あと、ナルキに選択肢はいらねぇな。

-Ci-シーラスの高さへ(酸橙ひびき)
こちらはテンポのいいセリフが持ち味です。結構いい感じに書けてると思うのですけど、視点変更をうまい具合に使いこなせていない感もあるのが残念です。
あと、ワンテンポぐらい話をじらせるともうちょっと良くなったんじゃないかとも思います。
「そらいろ」のライターも務めるそうで、この人はやかま系のシナリオなんかうまく書けそうじゃないでしょうかね。

メサイア(早狩武志)
野郎の物語もいいなぁ……バリバリ伝説とかすっごく好きそうな内容です。伝わってる人は私と同じくらいの年かもしれませんね。
非常に力があり、話に引き込まれました。展開もうまく自然に動かせていたんじゃないかと思います。
余談ですけど、「ハーフボイルド・ワンダーガール」を読んだ人ならわかると思いますが、主人公がほとんど同じキャラで思わずおいィ!って言いたくなりました。

小さなイリス(片岡とも)
なんという集大成……いやナルキッソスの集大成という意味ではなく、銀色・朱も含めた集大成と私は思う。
彼のこういう話は非常に好きです、だって銀色1章大好きですもの。ベタボメしてしまうので、その辺は割愛します。
展開・シチュエーション・終盤のたたみ方など、非常に彼らしい作品だったと思います。

見てわかると思いますが個人的には後ろ2つが非常に好みです。前の二つも悪くはないんですけど、いまいちいいとは思いませんでした。
私が感じた違いを述べるとするならば、前の2つは「持ち上げて落とす」タイプだと思うんですよね。だけど、このシリーズに関しては「持ち上げる」ってところが難しいと思います。
きっと青春のいきいきした恋愛ものやアクションを書くのは非常にうまいと思いますけど、ちょっと今回は違うと思うんですよね。
しかし個々としての話もまとまってますし、良い出来だと思います。

今回はこんなところで。
出来れば、近々もう一度通してやりたいと思います。

PageTop

クラウン・フリント② 奇跡の歌を君に

クラウン・フリント 2 (ガガガ文庫)クラウン・フリント 2 (ガガガ文庫)
(2009/01/21)
三上 康明

商品詳細を見る

ガガガ文庫の「クラウン・フリント」です。
この表紙絵は来栖だと思ってたのに……

一応自分のトラウマになってた部分も片がついたし、カレンの方の願いというか成仏できない所以の解決に着手する晶だった。
しかし、はじめに目をつけたところで意外な人物・佐久に出会い、彼女に降りかかっているトラブルを解決しようとするのだが……
新たなシ念能力者も現れ、機構と国家組織の板挟みの中で晶は無事に乗り切れるのか。

前回のようにサスペンス的な内容で進めていくものと思いきや、異能戦闘ものの方に向かっていくのでありました。
ただ、オレTUEEEEE!な感じではないのでご了承ください。どう見ても弱いけど強い感じなんで。
出てくる人物が近すぎる(?)のが後にきついと思うので、長期シリーズにはならなさそうな感じです。
あと、カレンが非常に不自然です。こういうタイプは嫌いじゃないんですけど、この話には合わない気がします。
私の願いとしては、来栖をもっと出せ。しかし彼は唯一の清涼剤になりそうなんで、チョイ役の方が活きるのかもしれません。

今回はこんなところで。
では、修正パッチも入れたので今からいけるところまでやってみようと思います。

PageTop

殿中でござる!

無理に頑張るの良くないね。でも明日には終わらせるから……

さて明後日ナルキ3が発売されるわけですけど、その前にねこねこソフトの新作情報が出てましたね。そらいろ
ともさんだけじゃ無理だとは思っていたけれどウナトミーも書くらしい、コットンの方大丈夫なのかなぁ……
つうか、主人公また健ちゃんですね。

なんか日記の方はぽんこつの方ばかり取り上げているので、私はほかのところから見てみます。
といってもネタは一つだけ、ぽんこつの苗字が「友坂」なのはこいつがナナミーの娘だと言いたいからじゃないかと邪推、サラブレッドとか書いてあるし。背景の雰囲気もラムネと酷似してる気がします。
もしかしたら、歳食った彼女らが出てくるかもしれませんね。
声は妹が綾川りのさんっぽい、ぽんこつは籐野らんさんですかね、やかまはどうなるのやら……

今回はこんなところで。
あと1ルート分(4チャプター)で正規ルートは終わりの予定、案外なんとかなりそうなのが救いですね。でも、これで記事書くのかなぁ……

PageTop

クラウン・フリント レンズと僕と使者の声

クラウン・フリント レンズと僕と使者の声 (ガガガ文庫)クラウン・フリント レンズと僕と使者の声 (ガガガ文庫)
(2008/10/18)
三上 康明純 珪一

商品詳細を見る

ガガガ文庫の「クラウン・フリント」です。
結構薄かったので、今回は比較的早かったです。これぐらいのペースで読んでいけたらベターなんですけどね。

この話はカメラに詳しいけどめっぽう嫌いな少年・晶が、ある日カメラを手に取ると見知らぬ少女に取りつかれ、そこから怪奇事件に巻き込まれるといったストーリーのものです。
まあどちらかというと伝奇ものっぽい感じです、今のところは。なんか話がでかくなりそうな感じはありますけど……
アクションもほどほどにありますけど、伝奇ものを薄く伸ばした感じがします。カメラの用語がところどころ出てくるのがポイントですかね。

独白の部分は書体を変えるといった感じで表せていたと思います。しかし、もう一つの変えてる所は別に変えなくてもよかったんじゃないかと……
文章の途中でそこだけ太文字だとインパクトはありますけど読みにくいだけだと思うんですよね。そのほかはまあ普通に楽しめるものだったと思います。
キャラクターは部長と幼馴染の来栖がかわいいですね。二人とも主役じゃないんですけど、部長はなぜか頭の中で城雅子さんの声で台詞が再生されるし、来栖はイラストもあいまってかわいすぎる、男とかそんなの関係ないね。
やっぱりイラスト見て買ったものなんで、その辺は弱いですね。
あとがきについては何も言うまい……

今回はこんな感じで。
まだチェックもしてないんですけど、そろそろ今月の新刊を買いに行かなきゃいけませんね。

PageTop

そろそろ増えてきたので・・・

昨日も書きましたが、昔どんなの書いてたとかが見づらくなってきたんで目次みたいなページを作ろうと思います。
ということなんですが、どんな感じにしましょうかね。出版社で分けてもいいし、そのまま著者で分けるのもいいですし…
自分用に何読んだかってのは昔からつくってるんですけど、それでも3種類作っちゃってるんでどれが見やすいとかわからなくなってるんですよね。
できればこんなのがいいってコメしてもらえるのが一番なんですけどね。


ここからは近況報告的な何かというかただの垂れ流し。

いじってるのは楽しいけどなかなか勝てるデッキにならんね、グリクシスマネキン。こんな時代だからこそ「滅び」と「時代寄生機」がほしいと思ってしまう。ほんと、GAPPOのカードパワー高すぎ。さすが現スタンの札束だと思うね。

ゲームは今でもMHP2G、もう少しでG級防具が全部揃うところまで来ました。サウンドノベルの方も読み進めたいのだけれど、一度止まるとなかなか再開できないんですよね。でも、ナルキ3までには終わらせたい……

実験始まった……立ったままの方が作業早いから立ちっぱなしだけど、腰が痛くてたまらん。教授がエクササイズしに行ってる理由が少しわかった気がする。

なんか久しぶりにCiv4やりたい波が来てるけど、序盤の定石とかまったく知らんからやっぱり最初の一歩が出ない。あと、ノートじゃ重いからってのもあるけど。

おっと気が付いたらこんなに書けてた。
じゃ今回はこんなところで。

PageTop

夜光曲 薬師寺涼子の怪奇事件簿

夜光曲―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)夜光曲―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)
(2008/06/13)
田中 芳樹

商品詳細を見る

講談社文庫の「薬師寺涼子の怪奇事件簿」です。
今週は案外暇だったはずなのに、この体たらく……これからもっと忙しくなるのに、年100冊とか行けんのか、こんなペースで…

今回は東京で我慢していただけた女王様、こんなバカげたことやってても噂程度にしかならない警察庁の上下左右のつながりのなさがすごいと感じる今日この頃です。
しかし行動力があって、周りを巻き込みながらいろいろやっちゃう天才ってものは本当に困ったものですね。気配りできる人なら巻き込まれる側もまだ救われるのでしょうけど、ここまでやっちゃうのは正直ひどいものだと毎回思います。
今回は首都戦士(笑)だったり虫だったりスライムだったり……一瞬でもきら様が浮かんだ俺は死んだ方がいいかもしれんね。

本編はさらにいちゃいちゃが加速していきます。解説の方(佐藤俊樹先生)は女王様をツンデレと言っているけれど、こんなにデレしかない彼女をツンデレと言っていいのかと思います。
他のところは脇役のキャラがだんだん煮詰まってきた感じです。本当にオマケすぎてあれなんですけど、本当に濃い連中しかいないので由紀子が不憫でならない。
あとはもう本当にいつもどおりに、いちゃつきながら怪奇事件を解決しておしまいです。

今回はこんなところで。
徐々にラノベのカテゴリーが増えてきたと感じております。そろそろどこかにまとめでも作ろうかしら…

PageTop

護くんに番外編で女神の祝福を!④

護くんに番外編で祝福を!〈4〉 (電撃文庫)護くんに番外編で祝福を!〈4〉 (電撃文庫)
(2009/03/10)
岩田 洋季

商品詳細を見る

電撃文庫の「護くんに女神の祝福を!」です。
あのまま「めしあのいちにち」を続けていくのかと思いきや、こっちを出してきましたね。向こうがいまいち売れてないんでしょうかね…

こちらも全くもっていつもどおりのノリです。今回はドイツに帰って行ったエメレンツィアがまた日本に帰ってくるってお話です。
前回に比べると極めて短時間(前が長すぎた)の来日ですけど、そっちの方がやりたいことを一気に詰め込む分勢いで書けるのかもしれませんね。
今回一番ツボだったのは、日本に来ていないあの人です。あんなお茶目な一面が見れたのは幸せです。

作者が非常にうれしそうに書いているのは読んでいてもわかるんですけど、いつも同じ過ぎておなかいっぱいになってきました。
この人の話は「灰色のアイリス」とか「月の盾」とかの重たい話の方が好きなんですよね、今までよく持っていた方だとも思いはします。
別に嫌いになったってわけでもないんですけど、徐々に自分の好みが変わっているのが痛感できます。昔はこっちもうれしそうに読んでたと思うんですけど…

今回はこんなところで。

PageTop

モノケロスの魔杖は穿つ2

モノケロスの魔杖は穿つ〈2〉 (MF文庫J)モノケロスの魔杖は穿つ〈2〉 (MF文庫J)
(2007/02)
伊都 工平

商品詳細を見る

MJ文庫の「モノケロスの魔杖は穿つ」です。
国を作ったのはいいですけど、これからどうしましょうかねってところからです。

今回は正義を愛する女騎士・律のお話です。やっべ…この書き方だとライトニング思い出した。
いろいろ事情があって、買い物に行ってたのに普通の人は入れないはずの道場街に入ってしまった主人公たちはそこでごたごたに巻き込まれます。
道場の主は1巻にも台詞だけあった人なんですけど、むっさいおっさんだと思ってたのになぁ……

見どころはあまりない感じの話だったと思います。でも、普通にスムーズに読めたのでそこは非常によかったと思います。
しかし、徐々にハーレム路線に進みつつあるのは私にとってはちょっとマイナス要素ではあります。
あと、主人公はただ魔杖に振り回されるだけのできないヘタレの方がよかったと今更ながらに思ってます。
文句ばっかり言ってますけど、おもしろかったですよ。結構いろいろありましたし…
あと最後についてたちょっとした地図、面白いですけどちゃんと追えてなかったので心残りではあります。

今回はこんなところで。
新年度始まって若干忙しくなってきました、それでもめげずに月6冊ぐらいは読んでいきたいなと思っております。

PageTop

カオスレギオン05 聖魔飛翔篇

カオス レギオン05 聖魔飛翔篇 (富士見ファンタジア文庫)カオス レギオン05 聖魔飛翔篇 (富士見ファンタジア文庫)
(2004/12/18)
冲方 丁

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「カオスレギオン」です。
ついにシリーズ最終巻です、壮大な長編ファンタジーもここまでです。

すべては聖地シャイオンに来ます、ノヴィアは聖王からジーク暗殺の疑いをかけられ別行動をとることになる。
そこにドラクロワの手が伸びないはずがない、またジークの方にもレオニスの最後の刺客であるレティーシャが向かう。
序盤はこんな感じです。この時点でも十分に面白いのですが、終盤にかけてはさらに面白くなります。

さてシリーズ最終巻なのですが、このシリーズのトリを飾るのはこの話ではなく最初に出た「カオスレギオン 聖戦魔軍篇」なのです。
ですので、話としては結構半端なところで終わってます。RPGで言うなら、ちょうどラスボス前のセーブって感じです。
初めに読んだ時は急展開すぎて意味不明なことが多かった話ですが、きっと今から読み返せばつながって読めるのでしょう。

そういえばこの「カオスレギオン」、ゲームとのタイアップ企画でできたものなのですが、正直なところゲームはやめておけ……500円ぐらいの面白さはあると思いますけど、サナトスを使い始めると本当にクソすぎる。
あと、今回のあとがきは特別面白かったです。

今回はこんなところで。
このシリーズ、個人的には「カオスレギオン02 魔天行進篇」が一番好きです。2万人もの大行進を描いた物語はもうすごいとしか言いようがありませんでした。

PageTop

お釈迦さまもみてる 学院のおもちゃ

お釈迦様もみてる学院のおもちゃ (コバルト文庫 こ 7-61)お釈迦様もみてる学院のおもちゃ (コバルト文庫 こ 7-61)
(2009/04/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

コバルト文庫の「お釈迦さまもみてる」です。
いやーついにシリーズ化しちゃいましたねー、続きが本当に出るかどうかはわからなかったんで意外でした。
先に言っておきますよ、男子校はこんなもんじゃないぞ、6年行ってたけど…
やっぱり、男が考える女子校と女が考える男子校は似たようなもので世の中じゃありえないものなんですってば。
薔薇とか百合とか無理だってそんなの。

まあ、こんなこと言いますけど話としては好きだから別にいいんですけどね?
どこかで読んだなっていうデジャビュがあったと思ったら、どうやら前巻の「アンドレの優鬱」で語られたことらしい…
だから大体のことは頭に入った状態で楽しめるでしょう。あとは「いとしき歳月(前編)」のネタを思い出してください。

あとはいつもどおり、ただただ日常が描かれるだけです。
あと違和感があるとするならば、もう既にどっしりと座っている感がする祐巳ぐらいなものですね。
リリアンは小さい頃からだし、山百合会に全く関わっていないんだからって言われるとそうかもしれませんけど、マリア様の時は家でも祐麒の方が落ち着いてた感じがするんですよね…
視点が変わるとやっぱり変わるもんですかね。

今回はこんなところで。

PageTop

カオスレギオン04 天路哀憧篇

カオス レギオン04 天路哀憧篇 (富士見ファンタジア文庫)カオス レギオン04 天路哀憧篇 (富士見ファンタジア文庫)
(2004/07/16)
冲方 丁

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「カオスレギオン」です。
前回はたしか、町の中でフロレスさん大暴れのターンでしたね。

今回は吸血医師アキレスさんのターンです。そして、ドラクロワもついにちょっかいをかけ始めます。
そんな中、ジーク達はキリという少女を拾います。さらに聖地シャイオンでは気づいてしまったレオニスが方向性を狂わせていきます。
盤面はどんどんわからない方向に進んでいきます。結末はわかっているとはいえ、四面楚歌な感じがするジークたちはうまく乗り切れるんでしょうかね。

今回のメインイベントは川下りです。水辺の苦手なジーク(本人が泳げないというわけではない)がいかにして乗り切るかってのも見どころの一つです。
本当にアキレスさん大暴れです。魔獣の性質からもそうですけど、やっぱり使いやすそうですしね。
今回は何と言ってもキリがかわいい、アリスハートが今回はちょっと目立たない感じだったのでちょっと残念ですけど、キリがいるから許す。
あとはいつもどおり、アクションもいいしそんなに言うことないと思います。

今回はこんな感じで。
やっと全部そろったんで、近々この次の最終巻も読もうと思います。

PageTop

ハーフボイルド・ワンダーガール

ハーフボイルド・ワンダーガール (一迅社文庫)ハーフボイルド・ワンダーガール (一迅社文庫)
(2008/09/20)
早狩 武志

商品詳細を見る

一迅社文庫の「ハーフボイルド・ワンダーガール」です。
この本を手に取ったきっかけは、作者がnarcissu3rdに参加しているからです、しかたないね。
じつは私、一迅社文庫のものはこれが初めてでして、一迅社がどんな感じに作ってるのかも楽しみの一つでした。

とりあえず内容から、探偵系のものといえば確かにそう言えるのですけど、探しているものがおおよそラノベらしくないものを探しています。
どちらかというと昼ドラ的な何かも感じられるラノベだったと思います。
あとは表紙を見てもわかるとおり、基本的にはヘタレな少年がデキル少女に振り回される話です。

作者の力は十分にあると思うんですけど、やっぱり内容的に考えるとラノベで出したのはちょっときついかもしれません。
また一人称小説であるのに、ちょっと説明的な部分が多かったかなと……私自身は気にする方ではないですけどね。
そのほかといえば、一迅社の編集はもうちょっと気合いを入れないと、と思いました。約250ページの本で2ヶ所も目立つミスが残ってるのはさすがにどうかと思います。
私は結構面白く読めたけれど、嫌いな人はちょっと無理だろうなって内容の本だったと思います。手に取る際にはご注意ください。

今回はこんなところで。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。