読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ねこねこファンディスク3

ねこねこファンディスク3ねこねこファンディスク3
(2010/02/26)
Windows

商品詳細を見る

せっかくだから簡単なレポぐらいは書いてみよう。
開店時からならべたので、妹付きの方を買ってきたわけです。これで、部屋に変なぬいぐるみ(たぶんフェルト製)が4つになったというわけです。
しかし、妹と名を打つのに雪希さんとか朝奈とかがいないのはやっぱりどういうことなのかと言いたい・・・

本作はショートストーリーが16本ぐらいと麻雀で成り立っています。
今のところはまともなショートは全部読んで、えちぃショートは全部ぶっ飛ばして、とりあえず麻雀で名無しを選んで100人切りしてきたところです。

ショートは特にいうことはない気がしますが、基本的にそらいろ分が多め、多少スカレとサナララがあるぐらいです。でも、好きなのはスカレのアフターとラムネの「対の片方」ですね。理沙美沙ショートも結構好きですけど、前の二つは他と雰囲気が違うんでそういう点でも好きです。

麻雀の方は前と比べて少しSEのテンポが悪くなったのと、役名をキャラが読み上げてくれなくなったことぐらいですかね。そのかわり、健三郎が渋い声で読み上げてくれます。あとはいなかったサナララ、スカーレット、そらいろなどのキャラが追加されています、といってもサバイバルで飛ばさないと出てきませんけど。
サバイバルは50前後と90からが山場です。ここさえ踏ん張れば他でテンパイ料でライフゲインしていけばなんとかなると思います。

こんなものですかね、ファンディスクですし。

ついでにラノベを仕入れようと思ったけど、「紫色のクオリア」も「ピクシー・ワークス」も置いていなかったでござる……
読む本には困ってないけれど、結構がっかりものですなぁ

スポンサーサイト

PageTop

ラノサイ杯の結果が出たようです

とりあえずは宣伝から、平和の温故知新さまで行われたライトノベルサイト杯(通称ラノサイ杯)の結果が発表されたようですね。
今回は投票できたということで、一応ライトノベルを前に押してるサイトとしては及第点といったところでしょうか。

今回の結果は、まあ見に行ってくださった方がいいと思うのですが、新規は「紫色のクオリア」、既存は「さよならピアノソナタ」と電撃の二冠でしたね。他のレーベルもなかなか面白いものが多く出ているものだとは思いますけど、今のところは電撃1強状態ですね。

こういうものがあると、あれも読んでみたいと欲が出てしまうのが良い点でもあり、悪い点でもありますね。また、どこの誰がどの本を推薦したとわかるようになっているので、手を出していない本に対するハードルが下がるのがいいですね。次に参加するときには今回以上に本を読んでおきたいなどという謎の向上心も出てきたりしちゃいますし。

というわけで、今は非常にラノベ熱が出てきております。でも、ここしばらくはうれしいことに冲方丁先生の小説にかかりっきりになっちゃいそうです。
「紫色のクオリア」とか「ピクシー・ワークス」とか「アイゼンフリューゲル」あたりも買ってきたいんだけどなぁ
これから読んでいく冲方丁先生の本の感想はたぶんここには載せないと思うので、次の更新はねこねこファンディスク3になりそうですかねぇ……

今回はこんな感じで。
この時期のスポーツ見てるとやたらと「銀盤カレイドスコープ」が読みたくなってきて困ってしまいます。あの臨場感が味わえる小説は本当にありがたい。

PageTop

ムシウタ .04夢燃える楽園

ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)
(2004/09/28)
岩井 恭平

商品詳細を見る

角川スニーカー文庫の「ムシウタ」です。
いつまでも下の記事をトップにしとくわけにいきませんしねぇ。

“特環”の構成員である“おぅる”は入ってから5年間、一般人である鮎川千晴を監視する任務をやってきた。この5年何も起こらなかった彼女の周りで、何かが起こり始める。
そのころ“ムシバネ”に保護された杏本詩歌はその“ムシバネ”に勧誘されるのだが、彼女が出した決断とは……
ここからさらに世界が回りだす、彼女たちを迎える運命とは?

今までの主役を差し置いて、この本の主役に躍り出ているのにそれを気付かずに野望を抱く“おぅる”さんを愛でるお話です。あれ、間違えたかなぁ?
今回も必死に伏線になりそうなものをばらまいています。どれだけ増やせばいいのかはわからないけど、ともかく増やしてます。次ぐらいから少しずつ回収していくんでしょうね。
ハルキヨやら“ムシバネ”やらが動き出すのはそんなに遠くないはずだといいですけど。

今回はこんなところで。
「うみねこのなく頃に」の6を終わらせたけど、これはひどい。なんというか竜ちゃんおかしくない?

PageTop

2009年下半期ライトノベルサイト杯

前回は参加できなかったので、今回は参加させていただきます。
近頃は新作なんてほとんど読んでないのがバレバレですがね。

既存作品


ガンパレード・マーチ逆襲の刻 (電撃ゲーム文庫)ガンパレード・マーチ逆襲の刻 (電撃ゲーム文庫)
(2009/12/10)
榊 涼介

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/既存/9784048680257】


マリア様がみてる―リトルホラーズ (コバルト文庫)マリア様がみてる―リトルホラーズ (コバルト文庫)
(2009/07/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/既存/9784086013055】


境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
(2009/07/10)
川上 稔

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/既存/9784048679015】


鋼殻のレギオス14  スカーレット・オラトリオ (富士見ファンタジア文庫)鋼殻のレギオス14 スカーレット・オラトリオ (富士見ファンタジア文庫)
(2009/09/20)
雨木 シュウスケ

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/既存/9784829134399】


テスタメントシュピーゲル 1 (角川スニーカー文庫)テスタメントシュピーゲル 1 (角川スニーカー文庫)
(2009/11/28)
冲方 丁

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/既存/9784044729097】


狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

次まだ買ってない……
【09下期ラノベ投票/既存/9784048679336】


新規作品


黄金(きん)の姫は桃園に夢をみる (コバルト文庫)黄金(きん)の姫は桃園に夢をみる (コバルト文庫)
(2009/10/02)
椎名 鳴葉

商品詳細を見る

【09下期ラノベ投票/新規/9784086013444】


以上、既存作品6、新規作品1でお願いします。

PageTop

ムシウタbug 1st.夢回す銀槍

ムシウタbug―1st.夢回す銀槍 (角川スニーカー文庫)ムシウタbug―1st.夢回す銀槍 (角川スニーカー文庫)
(2004/07)
岩井 恭平

商品詳細を見る

角川スニーカー文庫の「ムシウタ」です。
相変わらず、語彙が足りないせいでシリーズものを連続であげると書くことがなくなる。

一之黒亜梨子の前にその“虫”が現れたのは、親友の花城麻理がこの世を去った直後だった。
銀色の蝶は彼女から離れようとせず、時に彼女を守ろうとまでする。
そんな彼女のもとに“特環”から送り込まれた少年・薬屋大助が現れる。虫憑きとは何かという問いの答えを彼とともに探し始める。

本編の少し昔の話って位置づけなんでしょうか?
亜梨子が主人公でお贈りされるサブシリーズ、周りの人間のせいか大助がちょっと冷めた感じ。本編の方が熱血してる気がします。
こっちはこっちで不思議がいっぱいですね。本編でも保管されそうですけど、そういえば本編終わった後もbugが出てた気がするし、その辺は読んでからのお楽しみですね。

今回はこんなところで。
ニコニコで話題のクェイサーをちらっと見てみたけど、ひどいですね。
あれだとエロいシーンを抜いた「A KITE」がWOWOWでわざわざ深夜放送+R18指定してたことに驚きが隠せないぐらいですね。
またエスカレートしてきたから、児ポ禁みたいなのがまた出されるのも仕方ないと思えてしまいますね。

PageTop

ムシウタ 03.夢はばたく翼

ムシウタ03 夢はばたく翼 (角川スニーカー文庫)ムシウタ03 夢はばたく翼 (角川スニーカー文庫)
(2004/04/28)
岩井 恭平

商品詳細を見る

角川スニーカー文庫の「ムシウタ」です。
絶望した!ドンメル、貴様には絶望した!

極秘帰還“特環”に幽閉されていた杏本詩歌。ひょんなことから彼女を特環から連れ出した白樫初季。届けもののために“かっこう”を探す海老名夕。3人は傷つきながらも目的の地、桜架市を目指すのだった。

とりあえず機密を連れ出したら追いかけられるのは当たり前だけど、届け物のせいで追いかけられるのは不運すぎてかわいそうになってくる。
今回は全くタイプの違う3人が頑張る話。虫憑きって設定的にはそうでもないけど、世間知らずが多いのか?
ここから話が本格的に転ぶ感じだと思います。これからが期待です。

今回はこんなところで。
そういえば「カタテマ」さんでイリス症候群!の新作が今週出るらしいです。
まだ、前作もいいところまでいってないんだけどなぁ

PageTop

ムシウタ 02.夢叫ぶ火蛾

ムシウタ〈02〉夢叫ぶ火蛾 (角川スニーカー文庫)ムシウタ〈02〉夢叫ぶ火蛾 (角川スニーカー文庫)
(2003/10)
岩井 恭平

商品詳細を見る

角川スニーカー文庫の「ムシウタ」です。
早くも読後に感想あげてない本が若干たまり始めている……何とかしなければ……

なんとかゲリラ的存在の“ムシバネ”たちとの事件を解決した“かっこう”こと薬屋大助だったが、次の任務は先の事件でいろいろあった上司の土師圭吾の妹・千莉だった。
その盲目である彼女の近くに“始まりの三匹”と呼ばれる危険な虫憑きの一人、“浸父”が現れたという情報が出て……
彼等は無事にこの状況をクリアできるのだろうか……

ありきたりだけど、やっぱり大助は異能系アクションの定番でモテモテですね。
今回も新キャラがみんないいキャラしてるけど、フラグ建てすぎててヤバいです。新キャラの中でも、新上司の五郎丸が非常に面白い、大人でドジっ子とかたぶん読んだことなかったので、新しい(?)感じでした。彼女はデフォルメ以外のイラストは似合わないと勝手に思ったりしてます。

今回はこんなところで。
この冬こそはあの「ラノサイ杯」に参加したいでござる!
でも期間中に出たものなんてほとんど読んでない……!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。