読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ポケモンBW身内杯Last

身内でやってたポケモン大会のお話、正直なところ1年以上離れていたからよっぽどでもない限りは続けてる人たちには勝てないと思っていたりしたけど最後ということで参加。

使ってたのはこんな感じ。

水ロトム@光の粘土
めざめるパワー(炎)・ボルトチェンジ・リフレクター・光の壁
調整とかは全く覚えていない初期作、ステータス見る限りは準最速。
もともとはめざパ・十万・ドロポン・身代わりで運用されてたものだから仕方ないね。

ハッサム@残飯
守る・剣の舞・虫食い・バレットパンチ
誰が呼んだか机上論。
本当はとんぼ・馬鹿力・バレ・剣舞とかを用意したかったけど間に合わなかったので見せポケで。

パルシェン@王者の印
殻を破る・氷柱針・ロックブラスト・ハイドロポンプ
テンプレパルシェン、壁の下ならタスキじゃなくても破れるでしょうってことで試行回数稼げそうな持ち物。
霰に強いし、単体でも運用次第で全抜き可能な使い勝手は素晴らしい。
ガッサ・同系用に最速。

カイリュー@ノーマルジュエル
神速・龍の舞・逆鱗・地震
いろいろなところを最終的に先制で処理するための兵器、時々全抜きも狙えるんじゃね?
最後の地震はいろんな所から選択だけど、鋼に薄いので地震を選択。

ローブシン@火炎玉
ビルドアップ・マッハパンチ・ドレインパンチ・ストーンエッジ
壁の下ならラティもドレマッパで持っていける(らしい
今回は砂に強いから採用。

ポリゴン2@進化の奇跡
めざめるパワー(格闘)・10万ボルト・冷凍ビーム・トリックルーム
今回のPT作りたくなった元凶、いろいろと魅力的すぎた。
ツモるのが一番面倒だったのはこいつで、準最遅。


ぶっちゃけると下の4体はこのために新しく作ったので、PTとしてもぶっつけ本番だったのもあっていろいろハプニング満載だった本戦レポはここから!(順番あやふやなのは許して)


Round1
水ロトム・バタフリ・ドレディア(カイリュー・ズルズキン・エーフィ)
自分:カイリュー・パルシェン・?

確か、水ロトムが壁を張ってる前で龍の舞を2回積んだカイリューがきれいに3つ持っていった。
水ロトムかどうかすらも怪しい、エーフィだったかもしれない。それぐらいアレなスタートですた。


Round2
キノガッサ・ボルトロス・トゲキッス(ブルンゲル・ブラッキー・マンムー)
自分:パルシェン・ポリゴン2・ローブシン

ガッサが怖すぎたから初手パルシェンの運ゲーに持ち込むことに、ボルトが来たらポリで処理する予定だった、キッスは知らん。
予定通り初手ガッサ、最速同士で勝った方が勝つと思って氷柱針選択も相手はボルトに交換、撃破。ゲル交換は最悪のシナリオだったけど、運よく入ってなかった模様。
死に出しキッス、電磁波型の場合は引くと手をつけられなくなるから針選択も波動弾で乙→ポリゴン
波動弾続けてきたからスカーフと判断&冷Bで高い乱2&波動弾確3ぽいダメージからトリル仕掛けて勝ち。


Round3
メタグロス・カイリュー・ヒヒダルマ(ダゲキ/メタグロス/火ロトム/ブルンゲル)
自分:カイリュー・パルシェン・ポリゴン2

初手で相手の風船を見ないプレイングでスタート、コメパンはずしてくれたのにそのアドを生かせない。
結局カイリューをダルマに落とされて、三匹目を犠牲にパルシェンの殻を割ったもののグロスにドロポン耐えられて落とされる。最後はポリゴンを落とされて万事休す。
実は耐久を信じてトリルを通せばワンチャンあったのは内緒だ。
パルシェンってC高くないから、ある程度ふられるとC120ぐらいとジュエルがないと確1レベルまで持っていけないのよね。
×

Round4
コジョンド・ウルガモス・オノノクス(ブルンゲル/コジョンド/シビルドン/ウルガモス/ナットレイ)
自分:カイリュー・パルシェン・ポリゴン2

こちら後手で龍舞、ライフに動きなし。画面見ない勢ですサーセン
次に地震打ったら先取り、スカーフ龍技読みとはとがってる素晴らしい。
逆鱗でガモス・オノのタスキまでいくも舞われて逆に逆鱗でピンチ。
しかし、パルシェンが逆鱗耐えて勝ち。流石180族だ、無振りでも固いぜ!


Round5
ローブシン・バンギラス・ドリュウズ(ハッサム・ボーマンダ・水ロトム)
自分:ローブシン・ポリゴン2・ハッサム

ローブシンミラーということで素直にビルド積もうとするも、ドレ急所。
同速で次は相手が先手でこちらが落とされる最悪の展開。
ローブバンギまではポリ2とハッサムが頑張って落とすもドリュでGG
×

Round6
ズルズキン・ラティオス・フシギバナ(フワライド・ウルガモス・パルシェン)
自分:水ロトム・パルシェン・ローブシン

ラティライドはパルでけん制できてるはずだから、壁貼って破れば勝てるはずなので後ろはパルとローブ
ズキン相手でもローブならなんとかなると思って壁を選択するもラティに落とされる。
ラティ相手に後出しでパル出したけど、破る前に電磁波でしびれる。ここがミスで、ラティライドのラティなら破るんじゃなくて素直に針を選択するべきだった、結果一緒だけど。
結局置き土産からズキンにローブを投げつける形に、バナと交換時にビルド積めるもギガドレ急所で万事休す。
×

Round7
全く記憶にないけど、霰に負けた気がする。
半分寝てたからわからんですスミマセン。
×

Round8
カイリュー・ウルガモス・シンボラー(ユキノオー・ブルンゲル・テラキオン)
自分:水ロトム・パルシェン・カイリュー(?)

睡眠とってからの試合。初手で龍舞されるも壁に成功。2回目の舞にボルチェン当ててパル登場。
134族に2回舞われての逆鱗でも、壁があれば耐える。これはR4のオノで学習済み。
あとはパルで3つもっていって勝ち


こんな感じ、4-4ということでまあ及第点?
新環境ですけど、ついにイッシュの夢特性が解禁されるんでしょうか?
とりあえず、影踏みシャンデラが怖いことになりそうなのがいやなので、こいつだけは出さないでくださいなと願いつつも楽しみにしています。
実は家にWi-Fi環境がないので育ててもいまいち楽しめないので、育てたい奴をまったり育てていきますわ。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。