読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

とある飛空士への追憶

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る

ガガガ文庫の「とある飛空士への追憶」です。
こちらも少し前にやたらと取り上げられていた覚えがあったので購入。ぶっちゃけると数合わせのために適当に選んだ感じ。

争っている2国の混血として生まれた主人公が迫害されながらも、傭兵として飛空士となった。
優秀な彼はある任務を受ける。それは次の王妃を前線を通って首都へと送れ、というもの。
その次の王妃というのは昔一度だけ会ったことのある少女で……
ってのがあらすじです。

読む前は、飛行機+切ない系ということで「塩の町」の焼きまわしかと思ってましたけど、別にそういうわけでもなかったです。
まあ内容は王道なんではずれではないけれど、若干過剰にアピールしすぎな部分とかもあってそこは不満ですね。
あと、こういう話こそほとんどイラストいらないと思っているんですけど、テンポ悪くなるし……
終盤は納得いかないことだらけでしたけど、こういう後日談で終わらせるのは好きですね。
結論としてはそこまで騒ぐほどのものじゃないなぁって思いましたね。

今回はこんなところで。
なんだか、久しぶりにまともに書いた気がするけど、やっぱり気のせいでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。