読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そらいろ 3日目

というわけで、続きです。今回はつばめ世界メインです。

まず初めに、各ルートに行く前にこの幼少期はいろいろ覚えがある気がする。これからはいられるとマジでつばめ以外のルートに入る気が失せてしまうから、勘弁してください。
それにも抵抗して愛衣→花子→つばめとやってきました。


つばめ世界・愛衣ルート

妹ルートですね。
道を踏み外したものは自らを苛むものなのですと言わんばかりのシナリオです。それなりにヘビーです、苦手な人は注意しましょう。
理解のある周囲だとしても、やっぱりこの道は茨の道ってことですね。いつか読んだ気がする懐かしさも感じられる話だったけど、こういう系はわかっててもきついですね、好きですけど。


つばめ世界・花子ルート

普通の女の子してると思われる花子の話。
普段からつばめといちゃいちゃしてるところを見せられたら、気があってもそこから進む勇気なんてありませんよね。
花子は幼馴染ってだけなんで、幼少期の話を知らないからつばめ関連のことは全くないです。


つばめ世界・つばめルート

ねこねこソフトの大本命、ぽんこつルートでございます。いつも思うのですけど、攻略順を選べるならねこねこのぽんこつルートはメインキャラでも絶対に最後にやるべきだと思うんですよ、話の作り方的に。
そして、通例に変わらずぽんこつルートは苦難の道です。それでも何とかしていこうとする彼らの姿は好きですね。途中いろいろいやなことを想像させる背景や境遇があったりしますが、それは狙ってやったのかもしれませんね。
七海も健次もいい大人になってました、彼らもまたあの後にいろいろあったんでしょう。いやーまた「ラムネ」とプチファンディスクの七海ルートを読みなおしてしまいました。この話も含めていろいろ感慨深いものです。
このパターンをやられると、信者としてはやっぱり弱いですね。


ついでに理沙美沙ショート

このつばめルート後に分岐で出てきます。やっぱり七海はいい大人になったんだなってのと理沙美沙の名前の秘密なんかを短く綴ってあります。


今回はこんなところで。
一応スタッフルームも全部読み終わり、おまけショートも終わったので、明日あたりには各世界の総括ぐらいをだして終わりにしようと思います。本当に書くのかしらね。
今からは選んでない選択肢を漁って埋まってないCGを埋めにいく作業に戻ります。あと、特典のドラマCDに関しても一緒に何か書くかも……

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。