読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クラウン・フリント④ さよなら、カレン

クラウン・フリント 4 (ガガガ文庫)クラウン・フリント 4 (ガガガ文庫)
(2009/08/18)
三上 康明

商品詳細を見る

まだ余裕があるうちに、やっときましょう。

連れ去られた夕顔、彼女を助けるために吉良と手を組んだ晶たちはツクヨミとの接触を試みる。
夕顔は無事なのか?情報を入手し、カレンの兄にたどりつけるのか?

サブタイトルからして最終巻、結構広く伏線張った割に一気にかたずけてしまったところは少しもったいないと思いました。
終わり方は結構シンプル、もっといじるものだとばかり思ってたけどこっちの方がいいのかもしれない。
あとは、幼馴染の来栖が終盤に行くにつれてどんどん出番を失っていったのが自分としてはいただけない。杏がその役を持って行ったんだろうけど、どうみても来栖の方がかわ(ry

今回はこんなところで。
さて、今週から忙しくなる予定。今年読んだ分は何とか今年中に挙げてしまいたいものです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。