読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シャドウテイカー3 フェイクアウト

シャドウテイカー〈3〉フェイクアウト (電撃文庫)シャドウテイカー〈3〉フェイクアウト (電撃文庫)
(2005/01)
三上 延

商品詳細を見る

電撃文庫の「シャドウテイカー」です。
だから、私にとってじゅんKさんはネ申。

「アブサロム」を退けることのできた二人だったが、それから葉の調子がおかしくなってくる、どうやら契約したカゲヌシに記憶を喰われているようだった。
ちょうどそのころに怪しげな人物、皇輝山天明がやってきて、人の影から未来がわかるといって人々を翻弄する。
彼は一体どういう人物なのか、葉の調子は戻るのか?

皇輝山天明ののっけからのかませ臭がたまらない話です。できるかませかどうかは読んでからのお楽しみ。
あとは相変わらず兄貴がかっこいい、できる兄貴なところがいいですね。このシリーズは兄貴のことばっかり書いてる気がしますけど、アクションとかよりもここが売りな気がしてならない私です。

今回はこんなところで。
ここのところ書いてたのが全部じゅんKさんのイラストだからだんだん混ざってきて困る……

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。