読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BLACK BLOOD BROTHERS2

BLACK BLOOD BROTHERS(2) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動― (富士見ファンタジア文庫)BLACK BLOOD BROTHERS(2) ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 特区鳴動― (富士見ファンタジア文庫)
(2004/12/18)
あざの 耕平

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「BLACK BLOOD BROTHERS」です。
働きたくないでござるなぁ……

何と特区に上陸することができた望月兄弟であったが、次の問題はその住処であった。上陸したその日は成り行きでミミコの部屋に泊まることとなったのだが、そのままではさすがに問題がある。そこで、調停員であるミミコが彼らの住処を提供するためにえらい吸血鬼の元に向かうのだが……

きちんと組み立てられた土台のある話はやっぱり面白いものです。今回はジロー達の過去も少し関わってきます。
もっとスピーディに進めてもいいかも、とは思いますけどこれぐらいの情報量の方が使い切りやすく読む方にもやさしいのかもしれないですね。実際読みやすいですし。
しかし、吸血鬼が隠れている設定のはずなのに、視点を変えるとどう考えても隠れているようには見えないのは不思議ですね。

今回はこんなところで。
全く関係ないですが、気づくと身内がだいたいTwitterやってた。最近部室にも行けそうにないので、接点を作るために登録してみた。
詳しくはここ→http://twitter.com/gen0724
身内は一通りフォローしておくつもりです、では。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。