読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)

フルメタル・パニック!11  ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)
(2010/07/17)
賀東 招二

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「フルメタル・パニック!」です。
今日は朝からちょっと頑張ってみた、でもすべてはこのための布石……

ヤムスク11での事件から約1年、その間も<ミスリル>と<アマルガム>の抗争は続いていた。
「時間災害」によって生まれた世界を戻すため、レナードはかなめとともにその準備を着々と進めていた。
一方、二人の行方を追う宗介たち<ミスリル>の残党はそれを防ぐために各地を転々とし、妨害していた。
そして、割り出した<アマルガム>の基地はかつての古巣、メリダ島だった。
ライトノベルきっての金字塔がクライマックスに向け、ラストスパートをかける。

やっとおゆるしがでたか!
Webで表紙を見た時には感動したものです。どことなくカラーページも今まで以上に鮮やかな気がします。
今回は本当にはじめからフルスロットルで行っております。それも、長編に出てきたキャラのほぼフルキャストで、チョイ役だったとしても非常にいい使われ方をされていると思います。
また、中盤で繰り広げられるフラグの乱立。敵も味方も殺してきたこの作品ですから、どれが叩きおられ、どれが回収されるかわかりません。
そして、最後の舞台を整えて下巻につなぐ。この一か月が非常に待ち遠しいです。
個人的に残念だったのは巻末にあるARX-8のデザイン、ASは兵器の雰囲気を持っていたからよかったのに、急に平成ガンダムに似せられると違和感がありすぎると思うんですよね。

今回はこんなところで。
もっと言いたいことはあるけれど、上巻なのでこの時点で言っちゃうのはどうかとも思うんですよね。作品としては半分なわけですし。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。