読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミラディン包囲戦プレリリース

久しぶりの更新はミラディン包囲戦プレリリースのレポってことになりました。(汗)
私はもちろんファイレクシア側でやってきました。

6パックで出たレアはこんな感じのさえないカードばかり、
コモンアンコには≪皮裂き≫はいるものの、≪死体の猟犬≫も≪死嚢抱え≫も≪煙霧吐き≫さえなしというひどいものでした。
これは0-2ドロップでドラフトに行こうかなと考えていました。

≪レオニンの裁き人≫
≪カルドーサのフェニックス≫
≪災難の塔≫
≪ファイレクシアの槽母≫
≪ファイレクシアのハイドラ≫
≪磁石地雷≫

それで、始めにできたのは入れられるレアを詰め込んだ緑黒感染でした。
最終的に改良されて大きく違うデッキになったんで、ここではデッキレシピは割愛します。

R1 RW・ミラン軍

G1
1tに≪信号の邪魔者≫、3tに≪肉体と精神の剣≫と出され、何もできずにライブラリーアウト。

G2
自分のライフ9、相手の毒が2つの時に、
相手の場に≪信号の邪魔者≫と≪ルーメングリッドのガーゴイル≫がいて、
万事休すと≪ファイレクシアのハイドラ≫をプレイしてターンを返すと、
相手は何もせずにターンを返してきたので、こまかい感染生物をならべながらハイドラで撲殺して勝ち。
相手の方は除去や強化系スペルを考えると動けなかったとおっしゃってた。

G3
2ゲーム目の勢いをそのままに、≪ファイレクシアの巨大戦車≫でオッスオッスして勝ち。

○×○


R2 RW・ミラン軍

G1 こちら1マリ
相手の動きがぬるくて、こちらの≪解剖妖魔≫が殴りながらちまちま回復し、
≪肉食いインプ≫が最後に決めて勝ち。

G2 こちら1マリ
序盤攻め立てられるも、≪ファイレクシアの槽母≫が間に合って毒殺。

○○


R3 GB・ファイレクシア軍

G1
チャンプ合戦になった後に、相手から出てきた≪ファイレクシアの巨大戦車≫がどうしようもなくて負け

G2
1ゲーム目とそう変わらない形で負け。

××

このあたりで2色デッキのカードパワーの低さに限界を感じたので、青を足してみて勝負に出る。


R4 GB・ファイレクシア軍

G1
序盤、土地事故でサンドバッグになりかけるが、≪ヴィダルケンの解剖学者≫が偉くてしのぎ切る。
そのままチャンプ合戦にもつれこみ、膠着したところで≪刃の翼≫を背負った≪ファイレクシアのハイドラ≫が降臨して勝ち。

G2 こちら2マリ・相手1マリ
2マリがきつすぎて、消耗戦に勝てずに負け。

G3 こちら1マリ
お互いの盤面がきれいになったところで≪ファイレクシアの巨大戦車≫が≪刃の翼≫を背負って勝ち

○×○


R5 RW・ミラン軍
IDしたかったけど、相手は見るからにガチる雰囲気だったので話を切り出さずにガチることに。

G1
相手の動きの鈍いうちに≪疫病マイア≫や≪悪性の傷≫でちまちま毒を稼いでいって、
除去が切れた頃に≪ファイレクシアの巨大戦車≫出したところで投了

G2
≪荒廃の鼠≫スタートで除去られるも≪肉食いインプ≫が2パンチ通して相手毒5個。
相手のフルパン後に≪屍肉の呼び声≫をプレイして、フルパンしたら≪白の太陽の頂点≫X=2でブロッカーを用意される。
≪肉食いインプ≫で虫トークンを食べてパンプした後に≪病気の拡散≫を撃ってgg

○○

ということで4-1で、6パックとTシャツゲット。
ファイレクシアとミランでは効くカードが違うので、毎回サイドインするカードが変わるってのも面白かったですね。
感染はやっぱりリミテッドだと強い。
生体武器は結構使える感じですね、軽いところが強いのは言わずもがなですけど、装備コスト4ぐらいまでなら普通に強いと思いました。
あとは軍で出るカードが別れるので、包囲戦のカードだとだいたいのデッキに同じアンコモンが入っているのが卑怯くさいです。特に≪ファイレクシアの巨大戦車≫ですけど。

ブレにぶれましたけど最後の方に使ってたデッキがこんな感じです。
≪闇の掌握≫
≪胆液の鼠≫
≪皮裂き≫
≪屍肉の呼び声≫
≪刃の翼≫
≪銀のマイア≫
≪堕落の三角護符≫
≪感染の三角護符≫
≪鋼の妨害≫
≪ヴィダルケンの解剖学者≫×2(1枚Foil)
≪肉食いインプ≫
≪病的な略取≫
≪ファイレクシアの憤怒鬼≫
≪病気の拡散≫
≪悪性の傷≫
≪荒廃後家蜘蛛≫
≪腐敗狼≫
≪ファイレクシアのハイドラ≫
≪ヴィリジアンの密使≫
≪皮剥ぎの鞘≫
≪疫病マイア≫
≪ファイレクシアの巨大戦車≫
≪島≫×3
≪沼≫×7
≪森≫×7

≪ファイレクシアの槽母≫が入っていないのはファイレクシア相手だと弱いから、
ミラン相手だと、≪ファイレクシアの憤怒鬼≫が変わる感じ。
≪鋼の妨害≫は≪ファイレクシアの巨大戦車≫や≪感染の三角護符≫なんかをカウンターできる偉いカード。

では、こんなところで。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。