読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人類は衰退しました2

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)
(2007/12/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

はい、2巻です。
やっぱり、シリーズものを続けて書くのはひどく難しいと思います。特に、ネタばれをしない方針でやりたいので雰囲気とかがガラッと変わってくれないとなかなか書くことが見つからないんですよね…
その辺は明らかに言い訳で、自分の語彙の少なさや表現力のなさを突き付けられているだけだと思うんですけれどね。

2巻も前回と同じく2つの話で構成されてます。
前回は結構ファンタジーっぽいと感じたんですが、今回はどっちかっていうと2つ目はSFっぽい感じでまとめられてたと思います。1つ目は前回と同じくファンタジーっぽく…というかスプーンおばさんがモチーフだと思うんですけど…わかりますかね?
2つ目は結構癖が強い感じで作られて賛否が分かれそうな感じなんですけど、こういう先を想像しながら読めるものって好きなんでいいんですけど、やっちゃった感はありますね。

で、今回も妖精さんはかわいかったです。童話っぽい特徴をそのままにSFっぽいところにもなんとか適応させようとしているのはちょっと苦しい感じもありますが、やっぱりかわいかったらその程度のことは隠れてしまいます。

とまあ、2巻は結構読み応えのあるものになってたと思います。1巻よりは田中ロミオ氏っぽい感じが出てたように感じましたし、これは3巻がどんな感じになるのか予想がつきませんね。
どっちに転んでも面白いものになりそうなので、早めに手に取ろうと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。