読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ある日、爆弾が落ちてきて

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
(2005/10)
古橋 秀之緋賀 ゆかり

商品詳細を見る

電撃文庫の「ある日、爆弾が落ちてきて」です。
こいつはある筋から来た課題図書なんで書こうかどうか悩んだんですが、最近更新が御無沙汰ってことで書くことにしました。
決して読んでないわけではないのでその辺はご勘弁ください。

本書はたくさんの短編からなってます。それもどれもこれもSFチックな作風だと思います。
ぶっちゃけてしまえば、これだけで紹介は終わりです。理由としては、1つ1つを説明するには数が多いし、説明するほど長くないからです。
短編の内容書くほど虚しいものもないですしね・・・
ただ、出来は非常によく、1つ1つの短さや軽さから「SFってどうも…」って思ってるようなライトノベラーにはSFへのステップにちょうど良い1冊なんじゃないかと思います。

ってことで、ここからは感想みたいなものです。私個人としては2本目の「おおきくなあれ」と最後の「昔、爆弾が落ちてきて」が非常に好みです。前者はこういったトリックを使った作品が好きで、後者はこんな感じの青春物語が好きだといった感じ。
だが、古橋秀之氏の作品としては少し物足りないかなといったのが正直なところ。彼の作品はもうちょっと重くてしっかり作りこまれたものってイメージがあるので、やっぱりもうちょっとしっかりしたものをやってほしかった。
具体的には、題材はいいのだからそのうちの1つを選んでしっかりと書いてくれたらもっと面白いものが書けたんじゃないかと思う。

まあこんなこと言っててもいい作品であることは確かですし、もともとhpに掲載した短編に付け足して本にしたんだからお門違いもはなはだしいわけですがね。

次はもう少し早めに更新できるように努力しようと心に誓いますので、どうかお待ちを…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。