読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カオスレギオン03 夢幻彷徨篇

カオス レギオン03 夢幻彷徨篇カオス レギオン03 夢幻彷徨篇
(2004/05)
冲方 丁

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「カオスレギオン」シリーズです。
いやはや書店に行ってもなかなか見当たらず、ようやく手に入れることができました。

この話のテーマはおそらく「心」と「真実」でしょう。さまざまな思いや記憶が交錯する中で登場人物たちは何を見出すのかって感じです。
多彩な視点から語られるのですが、その入れ替わるタイミングが非常にうまく、またその人物たちの特徴をうまく使いながら見事に話が作られていたと思います。
2つの舞台で時間軸を合わせて違和感なくその2つを組み合わせて話を作れていましたし、やっぱりこの辺の組み立て方はうまいですね。
前巻とは違い登場人物は少なかったですが、その分一人一人に対する密度も濃かったので今回のテーマには非常に有効だったと思います。
しかし、プロローグにはびっくりさせられましたね…

今回も登場人物は全員非常に良い仕事をしていたと思いますが、今回の功労者はおそらくアリスハートでしょう。彼女がいるからこそ暗い雰囲気も緩和できているのだろうし、トールのあてがい方も非常にうまいと思います。重要な設定もありますし、この話の便利屋は間違いなく彼女でしょうね。
しかし、巻が進むたびにジークは可愛くなりますね。できる男で頼りになるんですけど、なぜそんなわからなくなる発言するかな…もっとしっかりしてほしいと思う反面、こうだからこそノヴィアが活きるのかとも思うんですよね。

ここから話はついに佳境へと入っていくみたいです。登場人物たちもそこに向けて動いていますし、ドラクロワはいったいどんな結末を用意しているのか…
とりあえず、今は次巻がなるべく早く見つかることを祈るしかありませんね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。