読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

眠り姫

眠り姫 (富士見ファンタジア文庫)眠り姫 (富士見ファンタジア文庫)
(2004/10)
貴子 潤一郎

商品詳細を見る

富士見ファンタジア文庫の「眠り姫」です。
これは第14回ファンタジア長編小説大賞で見事に"大賞"に輝いた「12月のベロニカ」の外伝が含まれる短編集です。

なんというか全体的に非常に前作と違うのですが、作品の持つ雰囲気というか何か(文体?)が一緒なせいか似た感じとして受け止めるできた気がします。
中には短編が4つと、短編連作が1本(3話構成)が入ってます。
どれもそれなりに面白いのですが、「水たちがあばれる」はこれで1本書けば面白いものができたんじゃないかと思うような設定だったり、「汝、信心深き者なれば」は短編でも、もう少し書き足せばもっといいものになったんじゃないかと思います。この二つはどうも中途半端な出来だったように思います。

逆にタイトルにもなっている、ベロニカの外伝である「眠り姫」はこれぐらいの分量がちょうどよく、ベロニカとは全くもって違うんですけどいい味出てると思います。
「さよなら、アーカイブ」はこんな話好きなんですよね。なんか夢があっていいじゃないですか、こういう話って…
んで残りの探偵もの、個人的にはちょっと弱いかなって感じです。でもまあこんだけ可愛いヤーさんが見れるのは珍しいんじゃないでしょうかね、そういう点では面白かったと思います。

とただの短編集なんで、ちょっと思ったことをそれぞれにつけてみました。初めの方にも述べましたが、どれもそれなりに面白いですし、読みにくいと感じるところはそんなになかったと思います。

ということで今回はこの辺で。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。