読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黄昏の岸 暁の空<上> 十二国記

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
(2001/05)
小野 不由美

商品詳細を見る

講談社X文庫の「十二国記」です。
一日一冊というなかなかなペースでこのところ読めてます。2月が少なかった分、この調子で読んでいけたらいいのですけど…

前回お休みしていたレギュラー陣も戻ってきて、今度は戴国のお話です。でも、話の多くは慶で行われます。
戴が荒れているというのは風の万里の時にも書かれていたものですけど、それがどういう状況であるのかというところから入ります。
戴の将軍、李斎が急に慶の王宮に飛び込んできて助けを請う、どうか戴を助けてくれと。しかし、王にもいろいろ決まりごとがあってどうしたものかという感じの話です。

この李斎の必死さがひときわ光るこの1冊ですけど、他にも見るところがあります。
たとえば、風の万里で活躍した面々が出てくるところなんかどうでしょう。どう考えても王宮なんて似合わないと思われた人物がどうなっているかとかが描かれてます。
こういった前回から立場が変わった人物の描き方も面白いものだと思うんですけど…
陽子は相変わらず陽子らしい考え方をしています、なんというか男じゃないけどすごい熱血漢って単語が似合う気がします。
この先、戴国はどんな感じで救われるのかって感じですね。

今回はこんなところで、だんだん短くなってるのは書くことがなくなってきている+早く読書に戻りたいという表れなのかなと思ったりもしますね。
本当は長く書くのが苦手なだけなんですけど…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。