読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

黒蜘蛛島 薬師寺涼子の怪奇事件簿

黒蜘蛛島(ブラックスパイダー・アイランド)―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)黒蜘蛛島(ブラックスパイダー・アイランド)―薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社文庫)
(2007/11)
田中 芳樹

商品詳細を見る

講談社文庫の「薬師寺涼子の怪奇事件簿」です。
今回も女王様は大暴れいたします。

前回はぎりぎり国内だったんですけど、巴里に続き再び海外へ侵攻していく女王様、次の領地はカナダだそうです。
しかし、どこでも出てくる日本人の哀れなやられ官僚…この世界のえらい人は極端な頭しかもってないのか…これじゃあ無理だな、いろいろと。
相変わらず本編では岸本が程良くウザく、やられ役がすこぶる情けないことを平然と言ってのける。痺れも憧れもしませんけど…あ、メイドさんもあります。

今回はこれまで以上にお涼サマが攻めます。
あの手この手を駆使して何とか自分に振り向かせようとしますけど、慣れというか何というか全く反応してくれません。
それでもめげずに何度も行動でトライするけれど、決して素直に口にできない女王様を愛でる小説だと本当に思えてきました。
アクションもよく書かれてますけど、だんだんおまけに見えてきました。しかしこの33歳、本当に難攻不落である。だから攻めるのか?

今回はこんなところで。
今日2か月ぶりに新刊を大量に仕入れたので、少しの間は新しいものになりそうです。
しかし、わざわざ電器街まで行って買ってきたのがラノベ11冊とDVD1本とかまさにKONOZAMAである、もっと金下ろしときゃよかった…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。