読書の~と

ラノベメインのブログです。ゲームなんかも時々… 更新は不定期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラノベヒロインの髪型と色ってどうよ?

こんな事を疑問に思ってしまったがために、ちょっといろいろデータを集めてみたいと思ってます。
この企画をスタートさせたのは2/14ですってよ、いかにも私みたいなボッチがやりそうですよね!

ことの発端ですが、お気に入りのキャラについて考えてみたら結構似てると感じました。
それじゃあヒロインも結構似た傾向がみられるんじゃないかって話したら思いのほか盛り上がったので、
家のラノベをひっくり返して見た次第です。
最終的には、年代別とかレーベル別なんかの集計までできたら面白いなと思ってます。

とりあえずルールとして、


・ 1作品から1人
・ なにはともあれイラスト準拠
・ 髪型はロング・ショート・ポニーの三種
・ 色も黒・の6種


これでいきたいと思います。

嫁がたくさんいるようなところは、とりあえずメインヒロインを挙げてください。
各人、嫁がいるとは思いますが、そこはこらえてください。

ラノベといえばやはり表紙などのイラストがまず目につきますし、
作品内ではどうであれ、私たちはカラーイラストのイメージで記憶するのでイラスト準拠で行きたいと思います。

色については、あまり広げすぎるのもどうかと思ったのでまずはこの6種でいきます。
紫や白といったようなここにはない、あいだになっているような色は
作品内の他キャラとの兼ね合いやイメージからなんとか分けてください。

髪型・色につきましてはあまりにも数が増えてきたらカテゴリーを増やす予定です。

ルールについてもこんな感じにした方がいいよっていうものがあれば、提案してください!


現在著者が多忙なため、考察などはまだできておりません。
データベース兼例みたいなものを追記に格納してありますので、
「面白そうじゃん」と思っていただいた方はご覧ください。

また、データの収集も随時行っていきたいと思っています。
「いっちょ協力してやるか」と思っていただけたのであれば、
ここのコメント、もしくはtwitterにリプを飛ばしてやってください。


それでは、いったんこんな感じで。
PageTop

トリオカーニバル

久しぶりの更新はWSのトリオカーニバルのレポになりますー

直前になぜか身内で3人余り組を結成することができたので、参加する流れになっちゃいました。
事前に聞かされた時には、当日組は抽選って言われてたので0回戦ドロップにガクブルしてたんですけど、何なく参加できてほっこりしました。

持っていったデッキは、身内のシャナ相手に調整し続けた結果できた対シャナ・AB・ディスガイア用のミルキィです。
苦手どころに対する調整しかしてないので、他のタイトルとかしらないですけど、まあ何とかなるでしょう。
レシピは以下のとおり、特別なことは何もしてませんけどね。
こんな辺境まで見に来る人なんていないはずなんで、さらしときます。

Lv.0 (15枚)
4 お菓子を差し出すネロ
4 慌てるコーデリア
2 収録中シャロ
2 活発なネロ
1 桜並木のシャロ
1 早とちり コーデリア
1 サンタのエリー

Lv.1 (12枚)
4 恥ずかしがり屋 エリー
3 天然少女 シャロ
2 頑張り屋 コーデリア
2 謎に詰め寄る コーデリア
1 シャーロック・シェリンフォード

Lv.2 (4枚)
2 本好き エリー
1 トイズ発動! シャロ
1 ”ミルキィホームズ” シャロ

Lv.3 (11枚)
4 けなげでひたむき シャロ
4 ハロウィンナイト エリー
3 コーデリアのお花畑

CX (8枚)
4 トライアセンド
3 サイコキネシス
1 バリツの秘密

博多のレシピをみてすっかり怖気づいちゃったんで、「オレ、先鋒でいいかな!?」を押し通させてもらっちゃいました。
身内には申し訳ないけど、その分結果残さないとってことで気合い入れていきました。
なんとかして、チームの決勝進出に貢献するぜ!
(レポに関しては記憶違いのところがあるかもです、ご了承を)

R1 DOGDAYS ・ 緑単

犬日々しらねー
いちいちカードの確認をさせていただきながらのプレイング申し訳ありませんでした。
3ターン目ぐらいでこっちLv.1で相手Lv.0の状態、
相手のCXが5枚見えたので、バリツブッパ!
結果、12点通っちゃって一気にLv.2中盤。
当然相手はLv.2の準備などできておらず、流れでお互いレベルアップ。
相手にでかい大活躍を作られるけどすでにLv.3-5
CXもうまくキャンセルして、Lv.2を維持したままチャンプアタック通して勝ち。

はじめからひでー勝ち方、チームも勝ち。


R2 シャナ ・ 赤t黄

しっかり練習してきた相手なだけに、立ち回りをきちんとしてやれば何でもできる!はず
Lv.0はお互い大人しい感じ、こっちはレベル置き場にお花畑を置く微妙な立ち上がり。
3ターン目ぐらいでこっちLv.1で相手Lv.1でなぜかLv.1ヴィルヘルミナしか前にいない状態、
相手のCXが4枚見えたので、2枚あったサイコキネシスの1枚を収録中で使って、もう1枚をブッパ。
8点通して相手のLv.1をまたすっとばす。
相手の何でもできるが圧力をかけてくるものの、
流れで盤面作って、お互いLv.3に入るも回復量とキャンセルがかみ合って勝ち。

あんまり調整の結果を見せられなかったけど、勝ったならいいか。チームは負け。


R3 FAIRY TAIL ・ 赤t青

相手のまわり方がいまいち芳しくなさそうだったので、早急に3枚並べて攻め立てる。
相手はコスト4つでLv.2、こっちはLv.1っていう盤面作って、相手は+2000応援で場を持ちこたえようとする。
こっちはトライアセンドで1ターンに1枚ずつデカ物をつぶしながら3パンしていったらおおむね勝負あり。
Lv.2維持して勝ち。

また事故ぎみ相手に勝ちっすよ。チームも勝ち。


R4 ディスガイア ・ 赤t緑

相手はLv.1事故っぽくて先上がりさせる展開。
山札残り3枚で5枚のコストのうち、上から3番目と5番目にCXあるのはこっちにもわかってる状態だったのに
先に集中使って山から2枚CXがこんにちは、相手は4返し。
それでもラハールバーンは強い & それなりに入ってる山に5点通されるハプニング、
残り3枚のうち2枚もキャンセルに使われることもあっていい勝負になる。
相手のLv.2-6から飛天無双斬で1対5交換とられてガクブルさせられながらお互いレベルアップ。
最後は花畑とエリーで持ち直して、シャロ+サイコキネシスが通って勝負あり。

事故らせても強いディスガイアやべー。チームも勝ち。


この4戦終了して予選は終わり、決勝には上位16チームいける。
自分たちのチームは個人の勝ち星が足りなくて、32位タイで終了。
相手の事故が多かったものの、4-0したので何とかお役目は果たすことができたかな?
CX以外の調整はうまく試せなかったものの、フリープレイの方でABにLv.1で場アドとることができたんでうまく組めているはず。
そのマッチはソウル2が強くて負けたけど。

という訳でトリオカーニバルでしたとさ。
4-0してくれたこのデッキ、別作品のスリーブ使ってたんで流石にミルキィのスリーブに入れ替えました。
これで次も頑張ってくれるはず!
では、今回はレポってことなのでこんなところで。

PageTop

なん・・・

どうも、3ヵ月前はあんなこといっていたのにやっぱりkonozamaです。
最近の流行りは格ゲーの店舗大会動画見ながらPSPいじってます。マジでBBやりてぇ

いいわけとしては、リアルが忙しくなったり、ヴァイスPSPやったりしてたせいです。
そのおかげもあってかヴァイスPSPはカード回収100%を年内で達成できました! 内容については何も言うまい。

こんなところに書く内容は趣味方面だけでいいでしょ、おいらのリアルとか興味ある人いないでしょ^p^

今年の抱負を振りかえるまでもなくいろいろダメダメでしたが、今年は57冊の本を読めたようです。
こんなに読んだ覚えがないものの、上半期で結構読んでたみたいです。

今年のラノベはいまいち読んでないんで、少しずつ情報仕入れつつ回収していかないといけないですね。
ちょっと古い小説読んでからラノベに帰ってきたら、すごくライトだと再確認できて新鮮でした。久しぶりにこういう体験ができたのもありがたいです。


いまいち本が読めなかったいい訳にはなりませんけど、今年の下半期(春?)からアニオタに復帰!
まどかマギカを1日で全話見せられて、くすぶってたところに火がついた感がありました。
そこから主にニコニコで放送されている自分に合いそうなものをピックして見てました。

4~7月は、シュタゲ
ここからエンジンがかかり始めましたね。原作やってて見ないわけにはいかないですもんね。Mr.ブラウンはいい男、鈴羽は戦士。異論は・・・
何の情報も仕入れてなかったのに、この時期になぜかウテナを全話見る暴挙、今思えば最高のタイミング。

7~10月は、ピングドラム・神メモ・ゆるゆり・うたプリ・BLOOD-C・日常・アイマス+前クールの引き継ぎ
この時期はうたプリが最強のギャクをやっててくれてて、アイマスが安定して面白かったイメージが強い。あとこの時期に虎&兎見た記憶が、あれも素晴らしかった。

10~12月は、ホライゾン・WORKING・未来日記・P4・Fate+前クールの引き継ぎ
他の人はFateが最高というかもしれないけど、個人的にホライゾンはマジで神。約1500ページを1クールに(ry
たぶん語ると長くなるから今度どっかにまとめて書きましょうかね。

今年のアニメは良くも悪くもまどマギといっときゃ問題ない感じですかね、私はビギナーなんでわかりません^p^
他に古いアニメでRain・エウレカ・ガンソードあたりを見てました。いろいろ回収できそうな見方してたみたいで俺得が止まりませんね。


本腰入れてWSを始めたのも今年ですね。はじめにKoFで組んで、大会直前にミルキィを組むってのをやりましたけど、結構面白かった。地方大会で4-2ドロップしたのは非常に悔しかった。来年いけたら最終戦までは残りたい!

これで若干TCGに火がついたのか、MtGのモダンパーツを少しずつ集め始めました。バーンはもうそろそろメインは組めそう。来年、モダンシーズンに動けたら・・・


忘れちゃいけないのが同人即売会に初参加したこと、もちろん買う側で。不慣れだったため、一緒に行った方々や行ってない方々に迷惑をおかけいたしました。次こそは役にたちたい!

そういえば、ほぼ始発に乗ってrkgkmdkを買うために雨の中並んだのもいい思い出です。後輩のTomaとレバタンがいなかったら正直泣いてたかもしらんぐらい寒かった・・・


こうやって並べてみると、趣味は幅を広げた一年だったのかなとか思っちゃいますね。非常に面白い一年でした、来年もいろんな所に手を広げていきたいですね。
来年の抱負とか、言ってもどうせ守れないことは確定的に明らかなんでやめときます。

こんな更新頻度でしたけど、見てくださった皆様、リアルで迷惑かけた皆様、今年は本当にお世話をおかけしました。
それでは、よいお年を。

PageTop

イニストラードプレリリース

イニストラードプレリリースに行ってきました。
昔と違ってカードゲームのエントリしかしなくなってしまってますが、気にしない方向で。


1BOXトーナメントに参加して、6パック剥いた結果出たレアはこんな感じ、

《炎の中の過去》:赤い《ヨーグモスの意志》みたいなの
《ヴェールのリリアナ》
《扇動する集団》:赤い2/3の反転カード
《瀬戸際からの帰還》:墓地のクリーチャーにフラッシュバックみたいなのをつけるエンチャント
《金輪際》:《翻弄する魔道士》の白いエンチャント
《裂け木の恐怖》:アップキープに山札を削るルアゴイフみたいなの
《異教徒の罰》:山札を3枚削り、一番大きいマナコスト分だけダメージを与えるエンチャント

とレアだけ見れば赤が強かったのだが、クリーチャーがいなかったのでこんなデッキになりました。

《信仰の縛め》
《礼拝堂の霊》
《宿命の旅人》
《悪鬼の狩人》
《叱責》
《銀筋毛の狐》
《スレイベンの歩哨》
《村の鐘鳴らし》
《アヴァシンの巡礼者》
《隊商の夜番》
《暗茂みの狼》
《ただれ皮の猪》
《ガツタフの羊飼い》
《小村の隊長》
《ホロウヘンジのゴミあさり》
《帰化》
《レインジャーの悪知恵》
《蜘蛛の発生》
《蜘蛛の掌握》
《裂け木の恐怖》
《ウルヴェンワルドの神秘家》
《肉屋の包丁》
《アヴァシンの仮面》
《旅行者の護符》
《平地》×6
《沼》
《森》×9

こんな緑白。沼は《蜘蛛の発生》のフラッシュバック用に1枚だけ。
ゴッドレアは入ってないけど、このデッキで5-0まで駆け抜ける!

1戦目 RB
1-1
たしか《暗茂みの狼》でビートしてたけど、《審問官のフレイル》をつけたクリーチャーに殴られてGG

1-2
《ハンウィアーの砦守り》が反転した奴に攻められるが、きちんと除去して殴りきって勝ち。

1-3
序盤展開することに成功して、《宿命の旅人》から出たスピリットに《肉屋の包丁》をつけて5回殴るだけの簡単なお仕事。

×○○
1-0

2戦目 RW
2-1
相手の反転カードと飛行が強すぎて、人間の状態に《信仰の縛め》貼り付けるというミスやらかして負け

2-2
人間の2/2で序盤せめて、《肉屋の包丁》で1回殴れて、そのアドを生かして押し切って勝ち

2-3
相手の《扇動する集団》が強すぎて負け。ワンチャンスあったけど、それに気づけなかったのが敗因

×○×
1-1

3戦目 GWR
3-1
《電位式巨大戦車》に攻められるが、人間に《肉屋の包丁》をつけることに成功してダメージレースして勝ち

3-2
マウントとることに成功して、最後の詰めで相手がミスってくれたので勝ち

○○
2-1

4戦目 RW
4-1
飛行でごりごり削られたが、最終的に均衡状態に持ち込むことに成功して《蜘蛛の発生》で大量に玉を用意して押し込んで勝ち

4-2
もたもたしてる間に殴られて負け

4-3
よくわからんうちに殴りきって勝ち。確か、両面カードつかって殴りきった気がする。

○×○
3-1

5戦目
相手から均等スプリットを提案される。弱いデッキだったから秒で了承。
試合は2戦とも《血統の守り手》にぼこられて負け。
××
3-2

3パックゲット

続いてとんとろちゃんに誘われてドラフトに参加。
極めて弱いWRUの均等三色作ってしまったが、0-1から最強の外人Byeさんに当たって、その勢いで3戦目も勝って2パックゲット。

商品の5パックから、ガラクと瞬唱の魔道師、緑黒ランドが出たのでだいたい勝ち。


とまあ、レアの引きだけは強いプレリでした。

反転カードはひっくり返す・ひっくり返させないというプレイングが必要になってくるのでまた新しいギミックで面白い。
わざわざ入れ替える手間はひどいけど、これまで以上に頭の体操やってる感じでした。

PageTop

M12ドラフト

( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!

久しぶりの更新。
身内でやったM12の8ドラのレポです。

1パック目
1-1は多少黒と緑が濃くて弱いパックからレアの《神盾の天使/Aegis Angel》、めぼしいものは《肉体のねじ切り/Wring Flesh》と《ガラクの仲間/Garruk's Companion》ぐらい。

1-2に《Gravedigger》が流れてきたので、自分が流したものを完全に無視、これを上席からのシグナルと感じてピック。

以下《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を集める程度で1パック目終了。
全体的に弱かったらしく、2パック目開封時に半分ぐらいが( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!と声をあげる始末。

2パック目
2-1はレアが弱く、色もほとんど決め打った感じだったので、《火葬/Incinerate》を流してたぶん《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》。

2-2で《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》が流れてきて( ゚д゚)<生存戦略ぅーーー!

そのあとはまた《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》、《縞瑪瑙の魔道士/Onyx Mage》×2、一週してきた《マナリス/Manalith》を加えたぐらいで終了。デッキが怪しくなり始める。

3パック目
3-1もレアが弱かったorz いろんなクリーチャーを流して《平和な心/Pacifism》

3-2~5が《破滅の刃/Doom Blade》、《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》、《ソリンの渇き/Sorin's Thirst》、《ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》と流れてくる宇宙展開によって一気にデッキが出来上がる。

あとは《肉体のねじ切り/Wring Flesh》と一周した《夜の子/Child of Night》、《出征路のグール/Warpath Ghoul》を取って終了。

レシピは省略。上のピックで書いたカードぐらいしか入っていない、アグロよりなのに土地18&《マナリス》というよくわからない感じのデッキ。

1戦目 白赤

1-1 2マリさせてさすがに勝ち
1-2 1マリで事故ぎみのヌルキープしたら《先兵の精鋭/Elite Vanguard》→《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》で撲☆殺
1-3 《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》→《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》→《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》と展開して除去されずに勝ち。

《火の玉/Fireball》とかが入った強いデッキだった。普通なら勝てない相手を事故とブンで何とかできたのは強かった。
○×○

2戦目 青白

2-1 相手の《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を《破滅の刃/Doom Blade》する流れから、《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》。《送還/Unsummon》で《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を戻されて《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》しゃくられるも、手札から2枚目出して押し切る。

2-2 5ターン目ぐらいに《天使の運命/Angelic Destiny》出されて負け。

2-3 1ゲーム目とほとんど同じ流れで押すも、《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に《天使の運命/Angelic Destiny》と《指導力のマントル/Mantle of Leadership》をつけられて6点クロックを刻まれて、残りライフ2まで押される。ここで《ルーン傷の悪魔/Rune-Scarred Demon》をトップデッキして、サイドインした《歯止め/Stave Off》サーチ&プレイ! 相手の《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に打ってただの1/3に。
お互いたくさんクリーチャーが並んでいたものの、こちらの《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》が強すぎたため相手投了。《オーラ術師/Auramancer》と《精神の制御/Mind Control》を最後に引かせなかったのも勝因。

2-3はさすがにトップデッキが強すぎた。この一言に尽きる。
○×○

3戦目 赤緑

3-1 相手1マリさせたものの、こちらが土地を引きまくった上に《殺戮のワーム/Carnage Wurm》+《狩人の眼識/Hunter's Insight》で6枚ドローさせてしまいgg

3-2 うまく《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》→《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》ができて勝ち

3-3 3-2以上にブンして勝ち。

上席だったけど、色かぶりなかったから勝てたみたいなものかな?

×○○

結果は3-0。
デッキパーツ見る限りは強そうに見えない。MVPは《グリフィンの乗り手/Griffin Rider》、勝った試合のほとんどで3回ぐらい4/4で殴ってくれた偉い子。影のMVPは《雪花石の魔道士/Alabaster Mage》、2戦目勝てたのはこいつのおかげ。

下は席順と色と順位。

1. 緑黒 5位
2. 赤黒 8位
3. 青黒 7位
4. 赤白 6位(初戦)
5. 赤緑 4位
6. 青白 3位(2戦目)
7. 赤緑 2位(決勝戦)
8. 白黒 1位(自分)

黒い4連星のトップをとれたのが一番大きかったのかもしれないと、この席順を見ると思いますね。
やっぱり、ある程度のデッキが組めればその日の運で何とかなるってことで。

長くなったので、このぐらいで。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。